ブログ

【効果的に】健康のために「歩く(ウォーキング)」で意識したい3つこと

健康のために「歩く(ウォーキング)」をしている

という方はとても多いと思います。

健康のためを「効果的」にするには以下の3つ点をきをつけたいです

 

〇ゆっくり歩かず、やや速く歩く

ゆっくり歩く利点はリラックス効果などもありますが

健康という視点でみると、脂肪燃焼や毛細血管を増やす、心肺機能を向上させる

という部分を重要視したいです。そうなると、少し速く歩きたいです

 

〇歩幅を広げるけど、前に足は踏み出さない

歩幅を広げることで、一歩に立っている時間が長くなります。

つまり脚筋力を使っている時間がながくなり、筋力をつける上でも効果的です

ただ、歩幅を前に踏み出してしまうと、スムーズな重心移動を妨げます

気を付けてください

 

〇明日も同じ距離・時間を歩ける!

頑張って歩きたい!、っと思っても

運動(特に有酸素運動)は継続性が大事です。

頑張って歩きすぎて、次の日は歩きたくない。。。

では、歩く量が多すぎです。次の日も歩きたい!っと思える、時間と距離にしましょう

 

パーソナルでウォーキングを習ってみませんか?

躓き難くなる、身体を上手に使えて歩く・走るが楽になる、

変形性関節症でもスポーツが楽しめる

いつまでも自分の足で歩いていられる!

ウォーク・競歩・ラン・マラソン!人生を自分の身体と楽しんでいきましょう!

 

 

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキング(運動)で、健康効果が出る。筋肉が分泌する「マイオカ…
  2. 【健康のために】心臓と肺を強くする、ウォーキング 来ないことを願…
  3. ウォーキングをしているから「認知症予防」が出来ている!は間違いで…
  4. 【健康ウォーキング】目的が変われば「歩くペース」は変わる
  5. 【健康ウォーキング】メンタルヘルス うつ病・認知症にならないため…
  6. 【この時季必見】早く歩かなくても、ウォーキングで身体をすぐに温め…
  7. 【健康のためのウォーキング】で意識したい心拍数
  8. 【健康ウォーキング】ゆっくりウォーキングでも意識して使いたい《筋…
PAGE TOP
PAGE TOP