ブログ

ウォーキングでも、ランニングでも 初心者でもベテランでも共通して言えるのは「膝を痛めるのはフォームに原因がある」

ランニングで膝を痛める、という方は珍しくありません

ウォーキングでも、膝を痛める、という方もよく聞きます。

 

膝を痛めてスポーツ整形に行くと

「膝周りの筋力を鍛えて、膝関節守るように」

ということはよく言われることです。

そうすると、モモの前面の筋肉、大腿四頭筋を鍛えることになります

 

ですが、筋力と合わせて見直したいのが

「フォーム」

 

膝への負担を掛けないように、歩く、走る、が出来なければ

どんなに筋力がつこうとも、また痛めます。

それに、筋力に頼っていては、年齢を重ねるとどうしても筋力は付き難くなり

それに伴って「膝を痛めるリスク」も高くなります。

 

それでは、長い期間「歩く」「走る」を楽しむことが出来なくなります。

 

膝を痛めないフォームを身に着ける。

長くスポーツを楽しむためにも、とても重要なことなのです

Follow me!

関連記事

  1. NHKラジオ ラジオ深夜便11/17 出演します、深夜というより…
  2. 五輪競歩 金メダリストに「コロナ禍がレースに与える影響」について…
  3. 在宅ワークのため生活のリズムを作るために朝にトレーニングする方が…
  4. 脚の長さに左右差がある!という方がウォーキングで気を付けないとい…
  5. 【ウォーキング・競歩】年齢・体力・経験がないから「出来ない、無理…
  6. 【健康ウォーキング】腕を振って歩くは、ウォーキングの健康効果を高…
  7. ウォーキング 競歩で、着地の衝撃を受け止める場所
  8. 当分は、これを履いて競歩します。
PAGE TOP
PAGE TOP