ブログ

【速く歩く ウォーキング 競歩】ゆっくりだと良いフォーム、速いとどうしてもフォームが崩れる、理由

 

ゆっくりだと歩くフォームが安定するけど

速くすると歩くフォームが乱れてしまう

 

これは、五輪でもメダルを獲得するような選手も

競歩を習おうとする方でも

本質的な理由は同じことです。

 

それは

「速いスピードを出そうとして、回転数を上げようとするあまりに

態勢が十分ではないけど、蹴りの動作に移ってしまう」

ということです。

 

フォームを作った結果として、スピードが出た!

が本来です。

スピードを出すために、フォームを無視した

となると、どうしてもスピードが出せるのは一瞬であり

長続きしません。

 

速く歩くためにフォームを意識する、

忘れがちですが忘れたくない基本的なことです

 

 

Follow me!

関連記事

  1. 時速11㎞で歩いても痛みが出ない理由
  2. 五輪を見て、競歩をやってみたい! 本格的にウォーキングしてみたい…
  3. 速く歩く一番シンプルな方法
  4. 競歩 ( フォーム動画)が 体幹 のトレーニング になり、柔軟に…
  5. 時速7㎞が決して難しいスピードではない理由
  6. 世界記録保持者が語る、競歩選手に必要な最も能力とは?
  7. 【時速7㎞ 早く歩く ウォーキング】そこから時速8㎞にステップア…
  8. 【ウォーキング】マラソンで、「歩く」という武器があるということは…
PAGE TOP
PAGE TOP