ブログ

【速く歩く ウォーキング 競歩】ゆっくりだと良いフォーム、速いとどうしてもフォームが崩れる、理由

 

ゆっくりだと歩くフォームが安定するけど

速くすると歩くフォームが乱れてしまう

 

これは、五輪でもメダルを獲得するような選手も

競歩を習おうとする方でも

本質的な理由は同じことです。

 

それは

「速いスピードを出そうとして、回転数を上げようとするあまりに

態勢が十分ではないけど、蹴りの動作に移ってしまう」

ということです。

 

フォームを作った結果として、スピードが出た!

が本来です。

スピードを出すために、フォームを無視した

となると、どうしてもスピードが出せるのは一瞬であり

長続きしません。

 

速く歩くためにフォームを意識する、

忘れがちですが忘れたくない基本的なことです

 

 

Follow me!

関連記事

  1. 自分のフォームに違和感を感じることはありますか?
  2. 競歩の腕振りを練習することで、ランでもウォークでもスピードが作り…
  3. 「読んだだけだと分からない」ウォーキングの本を山ほど読んだ時速8…
  4. ウォーキング や 競歩 でフォームを意識して修正することが、どん…
  5. ランナーがウォーキングをする際に「苦手」なこと
  6. 雨の日のウォーキング対策 【リライト版】
  7. 富士山1周ウォークの参加、ご報告ありがとうございました!
  8. 「怪我をするために、走っているようなものだよ」と医師に言われてし…
PAGE TOP
PAGE TOP