ブログ

【速く歩く ウォーキング 競歩】ゆっくりだと良いフォーム、速いとどうしてもフォームが崩れる、理由

 

ゆっくりだと歩くフォームが安定するけど

速くすると歩くフォームが乱れてしまう

 

これは、五輪でもメダルを獲得するような選手も

競歩を習おうとする方でも

本質的な理由は同じことです。

 

それは

「速いスピードを出そうとして、回転数を上げようとするあまりに

態勢が十分ではないけど、蹴りの動作に移ってしまう」

ということです。

 

フォームを作った結果として、スピードが出た!

が本来です。

スピードを出すために、フォームを無視した

となると、どうしてもスピードが出せるのは一瞬であり

長続きしません。

 

速く歩くためにフォームを意識する、

忘れがちですが忘れたくない基本的なことです

 

 

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキング・ランニングにお勧めしたい GARMINの時計
  2. ウォーキングシューズの上手な選び方 2022年6月版
  3. ウォーキングを向上させるトレーニング方法⑤ 下り坂をつかう
  4. ウォーキングをトレーニングすることで大事なのは、「出来たこと」「…
  5. 暑さ対策 ウォーキングのための身体の冷やし方 ウォーキング後も冷…
  6. 小さな筋肉、小さな関節を使う、これがウォーキング・競歩では大事
  7. 動画で片麻痺の方から学ぶ、障害の無い方もぜひ意識したい、ウォーキ…
  8. 【ウォーキング】ご自身のウォーキングフォームを見たことはあります…
PAGE TOP
PAGE TOP