ブログ

【速く歩く ウォーキング 競歩】ゆっくりだと良いフォーム、速いとどうしてもフォームが崩れる、理由

 

ゆっくりだと歩くフォームが安定するけど

速くすると歩くフォームが乱れてしまう

 

これは、五輪でもメダルを獲得するような選手も

競歩を習おうとする方でも

本質的な理由は同じことです。

 

それは

「速いスピードを出そうとして、回転数を上げようとするあまりに

態勢が十分ではないけど、蹴りの動作に移ってしまう」

ということです。

 

フォームを作った結果として、スピードが出た!

が本来です。

スピードを出すために、フォームを無視した

となると、どうしてもスピードが出せるのは一瞬であり

長続きしません。

 

速く歩くためにフォームを意識する、

忘れがちですが忘れたくない基本的なことです

 

 

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキングを向上させるトレーニング方法⑤ 下り坂をつかう
  2. ウォーキングで「足裏が疲れる」という方へ 総集編
  3. ウォーキング・競歩、上級者がさらにレベルアップするのに必要なこと…
  4. ウォーキングで速いペースを維持するために腕振りを見直そう!
  5. ラン経験者がウォークに挑戦をして、失敗してしまうシューズ選び
  6. 積極的にウォーキング大会・マラソン大会に今だからこそ出た方が良い…
  7. 一般的なウォーカーは膝を伸ばすのが苦手ですが、伸ばした方がメリッ…
  8. 骨盤を安定させると「脚」が楽になる 60代女性 変形膝関節症の方…
PAGE TOP
PAGE TOP