BLOG

ウォーキングブログ

【健康のためウォーキング】背中を使ってウォーキングしよう

健康のためにウォーキングをするなら

もちろん、「速く歩く」も大切ですが

 

身体を大きく使う!

も、とても大事です。

 

身体を大きく使えれば、

速く歩くことが出来なくても、心拍数を上げることが出来

心肺機能の向上にもつながり

効果的な有酸素運動にもなります

 

大きく腕を振る、これが大切です

大きく腕が振れれば、背中が大きく動かせる

これがとても大切です。

 

健康のためのウォーキングであれば

速く歩けなくても、大きく歩く!を意識しましょう

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキング (競歩も)で体重移動のポイントは、「足裏」にあり!…
  2. 古希(70歳)を迎えて競歩に出会った女性のストーリー
  3. 最大心拍数の計算方法 「220-年齢」は飛行機の中の退屈しのぎで…
  4. ウォーキング・競歩 フォームは必ず動画を見て判断し、自分の感覚で…
  5. 競歩 ベントニーの違反にならないために、膝は「どのぐらい伸ばせば…
  6. ウォーキング中級者以上が試したい、リラックスした腕振り
  7. 【速く(早く)歩く】上手く歩けているときは、足は「勝手に前に」出…
  8. 膝が痛い!という方に、タイプにもよりますが試してもらいたい歩き方…
<<
PAGE TOP