ブログ

【健康のためウォーキング】背中を使ってウォーキングしよう

健康のためにウォーキングをするなら

もちろん、「速く歩く」も大切ですが

 

身体を大きく使う!

も、とても大事です。

 

身体を大きく使えれば、

速く歩くことが出来なくても、心拍数を上げることが出来

心肺機能の向上にもつながり

効果的な有酸素運動にもなります

 

大きく腕を振る、これが大切です

大きく腕が振れれば、背中が大きく動かせる

これがとても大切です。

 

健康のためのウォーキングであれば

速く歩けなくても、大きく歩く!を意識しましょう

Follow me!

関連記事

  1. ハードなエクササイズをしてからウォーキングに出かけよう
  2. 速く歩くために、したいこと
  3. ウォーキングを始めたばかりの皆さんが真似したいフォーム 70代女…
  4. ウォーキングで太もも前を使わない!、意識出来ますか?
  5. 100kmウォーク 練習会に講師で参加してきました@塩谷
  6. 競歩の歩く技術、パーキンソン病の方もスムーズにウォーキング
  7. ウォーキング後で痛みが出る、悪い場合、良い場合
  8. 競歩 の 歩き方 ②
PAGE TOP
PAGE TOP