ブログ

【健康のためウォーキング】背中を使ってウォーキングしよう

健康のためにウォーキングをするなら

もちろん、「速く歩く」も大切ですが

 

身体を大きく使う!

も、とても大事です。

 

身体を大きく使えれば、

速く歩くことが出来なくても、心拍数を上げることが出来

心肺機能の向上にもつながり

効果的な有酸素運動にもなります

 

大きく腕を振る、これが大切です

大きく腕が振れれば、背中が大きく動かせる

これがとても大切です。

 

健康のためのウォーキングであれば

速く歩けなくても、大きく歩く!を意識しましょう

Follow me!

関連記事

  1. 時速7㎞以上で歩いても、景色はのんびり見れます。
  2. 競歩の歩き方 74才女性でも綺麗な競歩で歩けます
  3. ZOOM講習会 心拍数を活用したトレーニング(実践トレーニング編…
  4. リラックスして ウォーキング や 競歩 をするために一番重要なこ…
  5. ウォーキングのスピードを上げるトレーニングは、まずは短い距離から…
  6. 競歩 中級者以上なら積極的におこないたい「全速力で歩く!」トレー…
  7. 優勝おめでとうございます!飯塚‐武雄103㎞!!!
  8. つま先を上げる と かかと着地の違い
PAGE TOP
PAGE TOP