ブログ

【競歩の歩き方】一歩を作るときに、脚に力の入っている時間は?

競歩で歩くときに、

当然、身体を前へと力を進めるために「筋力」を使います。

 

仮に一歩移動する時間が1秒だとしたら、

筋力を意識的に使っている時間は、感覚的には「0.1秒」くらいのイメージです。

脚が地面に着地して、離れるまでずっと意識して「筋力」を使っている感じはありません。

 

筋力を意識的に使うのは、重心が載った瞬間に後ろに蹴りだす、という瞬間のみ

あとはほとんど惰性で動いてます。

そうすることによって、無駄な動きをせずに、無駄な筋力を使わず

楽に前に進みます。

 

この「0.1秒」でもまだ長いと思っています。

 

パーソナルでウォーキングを習ってみませんか?

自分の目的・体力に合ったウォーキングをして

効率よく目標にたどり着きましょう!

 

Follow me!

関連記事

  1. 競歩だかこそ作れる高速ピッチ(回転数)
  2. 40・50代からマラソンではなく、ウォーキング・競歩を始める方の…
  3. 競歩をやってみたい!という人へ 動画作りました!!
  4. テン6ウォーク #時速6㎞ウォーク で10㎞を歩き続けてみよう
  5. 競歩 マスターズの女性選手でも、良いフォームは良いタイムを作る
  6. 考えない100歩より、考える一歩が、#楽に歩ける #速く歩ける
  7. 東京エクストリームウォークに向けてのトレーニング① 11.5㎞を…
  8. 小さな筋肉、小さな関節を使う、これがウォーキング・競歩では大事
PAGE TOP
PAGE TOP