ブログ

【競歩の歩き方】一歩を作るときに、脚に力の入っている時間は?

競歩で歩くときに、

当然、身体を前へと力を進めるために「筋力」を使います。

 

仮に一歩移動する時間が1秒だとしたら、

筋力を意識的に使っている時間は、感覚的には「0.1秒」くらいのイメージです。

脚が地面に着地して、離れるまでずっと意識して「筋力」を使っている感じはありません。

 

筋力を意識的に使うのは、重心が載った瞬間に後ろに蹴りだす、という瞬間のみ

あとはほとんど惰性で動いてます。

そうすることによって、無駄な動きをせずに、無駄な筋力を使わず

楽に前に進みます。

 

この「0.1秒」でもまだ長いと思っています。

 

パーソナルでウォーキングを習ってみませんか?

自分の目的・体力に合ったウォーキングをして

効率よく目標にたどり着きましょう!

 

Follow me!

関連記事

  1. 時速7㎞以上で10㎞をウォーキングするための、シンプルな基礎トレ…
  2. ZOOM講習会 心拍数を活用したトレーニング(実践トレーニング編…
  3. ウォーキング 競歩で片脚に重心をしっかりと載せると起こる現象
  4. 片麻痺の方から学ぶ、ウォーキングで大事なこと
  5. ウォーキングの時にモモ裏で感じて欲しい感覚
  6. 寒い時期のウォーキング、まずは腕を大きく回すことから始めよう
  7. 競歩 骨盤(腰) の使い方 重心を載せて休め!
  8. 在宅ワークのため生活のリズムを作るために朝にトレーニングする方が…
PAGE TOP
PAGE TOP