ブログ

【競歩の歩き方】一歩を作るときに、脚に力の入っている時間は?

競歩で歩くときに、

当然、身体を前へと力を進めるために「筋力」を使います。

 

仮に一歩移動する時間が1秒だとしたら、

筋力を意識的に使っている時間は、感覚的には「0.1秒」くらいのイメージです。

脚が地面に着地して、離れるまでずっと意識して「筋力」を使っている感じはありません。

 

筋力を意識的に使うのは、重心が載った瞬間に後ろに蹴りだす、という瞬間のみ

あとはほとんど惰性で動いてます。

そうすることによって、無駄な動きをせずに、無駄な筋力を使わず

楽に前に進みます。

 

この「0.1秒」でもまだ長いと思っています。

 

パーソナルでウォーキングを習ってみませんか?

自分の目的・体力に合ったウォーキングをして

効率よく目標にたどり着きましょう!

 

Follow me!

関連記事

  1. 【競歩 早く歩くウォーキング】早く歩くための、「背骨」の使い方
  2. ウォーキング・競歩・ランで慣性の法則を使って身体を使うために必要…
  3. 競歩でスピードを出すのは気持ちがいい、時速15kmで200m歩い…
  4. 競歩は身長の高い方が有利か! その意識を打ち破った女性アスリート…
  5. ラン・競歩 動きづくりドリルトレーニングで、意識しなければいけな…
  6. ウォーキングで速く歩くために、競歩のストロールを学ぶ
  7. ウォーキングや競歩で、スピードを維持し続けることができない要因
  8. 上半身と下半身の連動のために!
PAGE TOP
PAGE TOP