ブログ

【競歩 早く歩くウォーキング】早く歩くための、「背骨」の使い方

早く歩くために、「骨盤」を使いましょう

という話は、ここのブログでも良く書いてきたことです。

 

そのためにポイントとなるのが「背骨」

 

背骨を身体の中心軸として使う

ということが骨盤を使う上でとても重要です。

逆を言えば、「背骨を上手に使って軸に出来なければ骨盤は上手に使えない」

という事でもあります。

 

背骨は、まっすぐに立ててそのまま前進します。

進むときに頭が左右に大きく振れてしまう、ということは

背骨の中心軸がズレてしまっているという事

 

そうなると、骨盤が円滑に前後に動かせていない

という事です。

 

骨盤が上手く使えている気がしない、という方は

まずは「背骨の軸」が安定出来ているか?気を付けてみましょう

 

パーソナルでウォーキング・競歩を習ってみませんか?

自分の目的・体力に合ったウォーキング・競歩で

効率よく目標にたどり着きましょう!

 

Follow me!

関連記事

  1. 「変形性股関節症」「変形性膝関節症」には、早めに対処しよう!
  2. 競歩 の ウォーキング ドリルトレーニング① 骨盤 に柔軟性向上…
  3. 【速く(早く)歩く】上手く歩けているときは、足は「勝手に前に」出…
  4. 100kmウォークでマメが出来て足が痛くなった時、どうする?
  5. 【早く歩く!ウォーク 競歩】どうしても、途中でフォームの意識を忘…
  6. ウォーキング 寒さ対策は、「痛み対策」
  7. 前の歩幅(ストライド)・後ろへの歩幅(ストライド)
  8. ”速く歩こうと思ったら、足の存在を忘れてました”変形膝関節症の方…
PAGE TOP
PAGE TOP