ブログ

【ウォーキングで上手にダイエットする方法】最初にきつめのエクササイズをしよう

ウォーキングでダイエットしようとしても

「ただ歩く」だけでは、とても難しいです。

ウォーキングして痩せた!という人も多いですが

ウォーキングしても痩せなかった。。。という人も多いのも事実です。

 

ウォーキングでも「散歩程度」の速度であれば

消費される脂肪と糖は、とても少なく

体重を落とす、、、まではなかなか行きにくいです。

 

実は、無酸素運動→有酸素運動の順番で運動をすると

脂肪が燃えやすい!というエビデンスがあります。

 

そのロジックは、無酸素運動をすると「成長ホルモン」が分泌され

成長ホルモンには「脂肪分解」という大きな役割があります

脂肪が分解された段階で、有酸素運動をすればたくさん脂肪を燃やせる

ということになります。

筋トレと有酸素運動の順番で“結果”が変わる【石井直方のVIVA筋肉! 第22回】

 

具体的には、

スクワットをゆっくりのペースで10回3セットおこなう

腕立て伏せをゆっくりのペースで10回3セットおこなう

をして、歩きに行く、

これが効果的です。

そして、歩くペースもやや息が切れるくらいのペース

 

ぜひ、試してみて下さい

 

パーソナルでウォーキング・競歩・ランニング(競歩式)を習ってみませんか?

自分の目的・体力に合ったウォーキングをして

効率よく目標にたどり着きましょう!

 

医者から運動を勧められているが、疾患がある、膝が痛いという方も

諦めずに身体への負担を小さくする身体の使い方をトライしてみましょう

 

Follow me!

関連記事

  1. どんなウォーキングコースを、歩いてますか?ウォーキング初心者もス…
  2. ウォーキング中級者以上が気を付けたい、ブレーキを掛けて歩かないこ…
  3. ジョグ歩行(Jog歩)を勧めない理由
  4. 強豪、中国からの招待選手の背中をみて強烈に思ったこと。1995年…
  5. 「認知症にさせない」ために、声を掛けて一緒に歩こう!
  6. 60歳代でもフォームが変わる!歩幅が5㎝伸びた!そのキッカケとは…
  7. 競歩式最強ウォーキングのタイトルの本当の意味
  8. ダイエットでスタイルを作る 競歩は下腹を凹ますのに良い理由
PAGE TOP
PAGE TOP