ブログ

寒い時期に悩ます、、、鼻水問題

寒い時期だと、ウォーキングをしてもランニングしても

鼻水に悩まされる人は多いのではないでしょうか?

鼻を啜ると、どうしても喉に溜まり

垂れ流しても口に入ってくるので、結局は喉に溜まります。

痰のようになるし、呼吸もしずらく深い感がMAXです

 

では、どのように対策してるかというと

一人でトレーニングしているときは、、、

基本的には垂れ流しです(笑)

で、どうしようも無くなったら手袋の「内側」で拭く、です。

(もちろん、トレーニング後は洗濯します)

 

鼻を啜ることはほとんどしません。

呼吸がしずらくなりますから、、、

 

ちなみに手袋の「内側」で拭くのは、

汗を拭くのに手袋の外側(甲側)を使うためです。

 

くれぐれも、どっちで拭いたか、分からなくならないように気をつけてください(笑)

 

ーーーーーーーーーーーー

パーソナルでウォーキング・競歩・ランニング(競歩式)を習ってみませんか?

自分の目的・体力に合ったエクササイズ+ウォーキングをして

効率よく目標にたどり着きましょう!

 

医者から運動を勧められているが、疾患がある、膝が痛いという方も

諦めずに身体への負担を小さくする身体の使い方をトライしてみましょう

#寒い時期 #寒さ対策 #ウォーキング #膝痛 #楽に歩く #早く歩く #競歩 #ウォークからランにつなげる

#マラソン完走 #誰でも出来るマラソン完走 #マラソン #健康増進 #体力アップ #後期高齢者

#パーキンソン病 #ストライドを広げる #回転数を作る #運動

Follow me!

関連記事

  1. 世界陸上 選手の体型をジロジロ見よう!
  2. 雨予報の日本選手権20㎞競歩、この雨がどうレースに影響するか?
  3. ウォーキングする人も 競歩をする人も 陸上競技の選手を好きになっ…
  4. 世界陸上、解説グッズ到着
  5. 自分のトレーニングの調子の良さ、どう判断してますか?
  6. 陸上競技で起きた、あってはならない2つのアクシデント
  7. 東京エクストリームウォーク 11月開催! ラン経験者が100km…
  8. スポーツドリンクは薄めた方が良いの?
PAGE TOP
PAGE TOP