ブログ

【選手のときのはなし】ドイツの試合で、3m競歩をする

【選手のときのはなし】

あくまでも個人的な忘備録的な、「つぶやき」です

 

ドイツの片隅にある田舎町で、過去に3回試合をしたことがあります。

おなじ場所で旧東ドイツのアイゼンヒュッテンシュタット

というところに行きました、3回とも、想い出深く、、、

 

それぞれの話を忘備録的にしたいとおもいます。

1997年ごろだったと思います。

車での移動で疲れてはいましたが、

前々日に現地につき、

試合前日にコースの下見を兼ねて練習をしていました。

 

やや、筋肉は張っているな、、、

 

っとは思ってましたが、練習をして最後の仕上げに

「流し(気持ち良くスピードを出す練習)」をしたとき

それは起きました。

 

徐々にスピードを出したつもりだったのですが

右のハムストリングスの筋繊維が悲鳴をあげ、

まず一本の筋繊維が引っ張られて千切れるのが分かりました。

それを合図にたくさんの筋繊維が引っ張られる緊張に耐え切れず千切れ始めました

 

まずい、肉離れだ!スピードを落とさないと!

とっさに思いましたが、勢いがついた身体は止まらず

千切れていく筋繊維をそのままに力を抜くことが出来ず、身体が進み続けます。

筋肉が千切れていく感覚は、いまでも鮮明に覚えています。

 

止まれた時には、もう右足は地面につけずに足を引きづるしかありませんでした。

 

当時はお金もなく、帯同するトレーナーさんもいなかったので

まずは腫れないように冷やさないといけない!っと

公園にある売店に行き、氷を買いたかったのですが、、、、無い。

 

仕方なくスティックのチョコレートアイスとミントアイスを買い

ハーフタイツの下から患部当てて冷やしました

「何してんのこの日本人たち。。。」という現地の皆さんの視線の方が

アイスより冷たかったです(苦笑)

 

ですが、さすがに試合が出来るような状態までは戻らず。。。

棄権で仕方がない、、、っとコーチには言われましたが

せっかくドイツまで来て試合で一歩も歩かないのは悔しいので

とりあえず、スタートラインに立ち、、、僅か3mで棄権しました。。。

 

怪我をしたことより、試合をちゃんと出来なかったことが

悔しくて悔しくて、、、

 

あの筋肉が引っ張られて千切れていく感触は今でも忘れられません。

 

 

ーーーーーーーーーーーー

パーソナルでウォーキング・競歩・ランニング(競歩式)を習ってみませんか?

自分の目的・体力に合ったエクササイズ+ウォーキングをして

効率よく目標にたどり着きましょう!

 

医者から運動を勧められているが、疾患がある、膝が痛いという方も

諦めずに身体への負担を小さくする身体の使い方をトライしてみましょう

#ウォーキングでダイエット #免疫力 #寒さ対策 #ウォーキング #膝痛 #楽に歩く #早く歩く #競歩 #ウォークからランにつなげる

#マラソン完走 #誰でも出来るマラソン完走 #マラソン #健康増進 #体力アップ #後期高齢者

#パーキンソン病 #ストライドを広げる #回転数を作る #運動 #ウォーキングフォーム #フォームチェック

#サプリメント #ジョグ歩 #jog歩 #室内でも出来るウォーキングトレーニング

 

 

 

 

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキング のパフォーマンスが寒くて落ちる。対策としてシンプル…
  2. 競歩 試合・大会が好きなら、練習が嫌いでも良い理由
  3. 企業スポーツのスポーツ支援には限界がある だからこそ自分たちで歩…
  4. 競歩選手の100㎞10時間切りを、100㎞ウォーカーはどう参考に…
  5. ウォーキングのスピードを上げるトレーニングは、まずは短い距離から…
  6. ウォーキング 膝下を振り出す着地、膝下を振り下ろす着地
  7. スポンサーを激怒させた過去
  8. 口の中が…、梅雨空のごとく…
PAGE TOP
PAGE TOP