ブログ

暑い日の給水はしっかりと、早め早めに飲んでいきましょう

連日の猛暑となっています。

給水の役割は、水分補給という側面だけでなく

身体の中から、体温を下げる

という大事な役割があります。

 

そうなると、一度にたくさん飲み過ぎてしまうと

給水のたびに、水分過多になってしまい

こまめに摂ると胃が「ぽちゃぽちゃ」いいだします。

 

くれぐれもそんなことが起きないように

少量をこまめに摂っていきましょう!

 

 

少しでも、この世界状況の中、何かできればと、当分以下のリンクを載せていきたいと思います

「WorldVision」1950年に設立された世界最大級のNGO団体です。

https://www.worldvision.jp/donate/ukraine.html?banner_id=15006sp?banner_id=15006pc

ーーーーーーーーーー

パーソナルで【ウォーキング】【競歩】【ランニング(競歩式)】を習ってみませんか?

自分の目的・体力に合ったエクササイズ+ウォーキングをして

効率よく目標にたどり着きましょう!

 

医者から運動を勧められているが、疾患がある、膝が痛いという方も

諦めずに身体への負担を小さくする身体の使い方をトライしてみましょう

 

ぜひ、パーソナルを検討される方は以下のブログも参考にしてみて下さい

https://www.bell-dental.com/news/suzuki/2022/03/11/kyouho/

#熱中症対策 #水分補給 #時速7㎞ウォーキング #速歩 #東京エクストリームウォーク #パーソナルトレーナー #ウォーキングトレーナー #皇居ラン #皇居ウォーキング #ウォーキングでダイエット #免疫力 #寒さ対策 #ウォーキング #膝痛 #楽に歩く #早く歩く #競歩 #ウォークからランにつなげる #マラソン完走 #誰でも出来るマラソン完走 #マラソン #健康増進 #体力アップ #後期高齢者 #パーキンソン病 #ストライドを広げる #回転数を作る #運動 #ウォーキングフォーム #フォームチェック #サプリメント #ジョグ歩 #jog歩 #室内でも出来るウォーキングトレーニング

Follow me!

関連記事

  1. 【健康ウォーキング】ゆっくりウォーキングでも意識して使いたい《筋…
  2. ウォーキング 初心者でもベテランでも 坂を上るときにしたい腕の振…
  3. ウォーキング 競歩で 意外に使われる!胸の筋肉(大胸筋?)が使わ…
  4. 速く歩く一番シンプルな方法
  5. 寒くなってきました、ウォーキングで身体を温める。。。には。
  6. お腹をギュッと絞る 擬音シリーズ
  7. 74才(女性)でも前年よりトレランでタイムを縮められた秘密は安鎮…
  8. 久しぶりにウォーキング講習会を代々木でやりました!
PAGE TOP
PAGE TOP