ブログ

競歩 ウォーキングで、=膝関節への負担を軽くする方法=

競歩やウォーキングは

ランニングと違って、ジャンプ(跳び上がらない)しないので

膝関節への負担は少ないとされています。

 

もちろん、これは正解です。

 

それを更に負担を小さくするのは、

骨盤を上手に使うこと。

 

着地の衝撃を膝や足首で、受け止めるのでなく、

骨盤で受け止めるようにするのがポイントです。

 

足を大きく踏み出してしまうと、

振り出したところに地面がなくなるので

上から下に叩くような動作になります。

これが、膝関節で衝撃を受け止める一因になってしまいます。

 

腰で歩く、という意識を持てば

足が歩くためのメインの身体動作にならないので

足を持ち上げにくくなり、着地の衝撃も小さく出来るでしょう

 

この歩き方は、変形性股関節症や変形性膝関節症の方にも有効で

ポイントを掴めれば、痛み軽減することにもつながります

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキング ペース感覚が分からない、時にまずは意識したいこと
  2. 【骨盤を使う技術】ランに活かしてみよう!
  3. 40・50代からマラソンではなく、ウォーキング・競歩を始める方の…
  4. ウォーキングでも、競歩でも、出来るだけ「小さくしたいこと」
  5. 古希(70歳)を迎えて競歩に出会った女性のストーリー
  6. 時速8㎞で歩けるようになるためのストーリー
  7. 暑さ対策 ウォーキングのための身体の冷やし方 ウォーキングしてい…
  8. 雪でウォーキングが出来ない!、そんな皆さんがコツコツしたいトレー…
PAGE TOP
PAGE TOP