BLOG

ウォーキングブログ

競歩 ウォーキングで、=膝関節への負担を軽くする方法=

競歩やウォーキングは

ランニングと違って、ジャンプ(跳び上がらない)しないので

膝関節への負担は少ないとされています。

 

もちろん、これは正解です。

 

それを更に負担を小さくするのは、

骨盤を上手に使うこと。

 

着地の衝撃を膝や足首で、受け止めるのでなく、

骨盤で受け止めるようにするのがポイントです。

 

足を大きく踏み出してしまうと、

振り出したところに地面がなくなるので

上から下に叩くような動作になります。

これが、膝関節で衝撃を受け止める一因になってしまいます。

 

腰で歩く、という意識を持てば

足が歩くためのメインの身体動作にならないので

足を持ち上げにくくなり、着地の衝撃も小さく出来るでしょう

 

この歩き方は、変形性股関節症や変形性膝関節症の方にも有効で

ポイントを掴めれば、痛み軽減することにもつながります

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキングで肘を曲げて腕を振った方が、疲れにくい理由
  2. 100kmウォークを秋に挑戦する方がこの時期にするべきこと
  3. ウォーキング 腕振りが変わることでスピードの「ギア」が変わった、…
  4. 競歩をやってみたい!という方への動画 シェア&チャンネル登録よろ…
  5. 誰かに押してもらってウォーキングしていたら?どんな姿勢だと進みや…
  6. YouTube動画更新しました! 膝を伸ばして、重心を使う「スト…
  7. 競技スポーツの難しさは、「たった一つを目指す」ことにあり
  8. ウォーキングで股関節を上手に使うために簡単にできるアクティブスト…
<<
PAGE TOP