ブログ

競歩 ウォーキングで、=膝関節への負担を軽くする方法=

競歩やウォーキングは

ランニングと違って、ジャンプ(跳び上がらない)しないので

膝関節への負担は少ないとされています。

 

もちろん、これは正解です。

 

それを更に負担を小さくするのは、

骨盤を上手に使うこと。

 

着地の衝撃を膝や足首で、受け止めるのでなく、

骨盤で受け止めるようにするのがポイントです。

 

足を大きく踏み出してしまうと、

振り出したところに地面がなくなるので

上から下に叩くような動作になります。

これが、膝関節で衝撃を受け止める一因になってしまいます。

 

腰で歩く、という意識を持てば

足が歩くためのメインの身体動作にならないので

足を持ち上げにくくなり、着地の衝撃も小さく出来るでしょう

 

この歩き方は、変形性股関節症や変形性膝関節症の方にも有効で

ポイントを掴めれば、痛み軽減することにもつながります

Follow me!

関連記事

  1. #速くウォーキング出来る人 ほど、ゆっくりのウォーキングとのフォ…
  2. 速く、楽にのために、大きな歩幅を作る「後方への蹴りだし」をストレ…
  3. 【健康ウォーキング】上下動させないことは、身体への負担を小さくす…
  4. 楽にウォーキングのペースが上がった ウォーキングの1㎞トレーニン…
  5. 60歳代でもフォームが変わる!歩幅が5㎝伸びた!そのキッカケとは…
  6. 速く 楽に ウォーキングする 姿勢の写真
  7. 100kmウォーク 初心者におススメしたい、大会1週間前のコンデ…
  8. ウォーキング後で痛みが出る、悪い場合、良い場合
PAGE TOP
PAGE TOP