ブログ

競歩 ウォーキングで、=膝関節への負担を軽くする方法=

競歩やウォーキングは

ランニングと違って、ジャンプ(跳び上がらない)しないので

膝関節への負担は少ないとされています。

 

もちろん、これは正解です。

 

それを更に負担を小さくするのは、

骨盤を上手に使うこと。

 

着地の衝撃を膝や足首で、受け止めるのでなく、

骨盤で受け止めるようにするのがポイントです。

 

足を大きく踏み出してしまうと、

振り出したところに地面がなくなるので

上から下に叩くような動作になります。

これが、膝関節で衝撃を受け止める一因になってしまいます。

 

腰で歩く、という意識を持てば

足が歩くためのメインの身体動作にならないので

足を持ち上げにくくなり、着地の衝撃も小さく出来るでしょう

 

この歩き方は、変形性股関節症や変形性膝関節症の方にも有効で

ポイントを掴めれば、痛み軽減することにもつながります

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキングのスピードは、まだまだ上がる! 自分のエンジン能力を…
  2. ウォーキング(競歩)で、速く歩こうとするときに、意識していること…
  3. 競歩 ウォーキング で 長距離では、ペースを作る時に意識したいこ…
  4. 時速8㎞ ウォーキングの歩き方 早く歩いて走っている人を抜いてみ…
  5. 競歩 骨盤(腰) の使い方 重心を載せて休め!HP表紙写真から探…
  6. 体力を戻したい!という方、無理なくウォーキングから始めてみましょ…
  7. 自分の感覚を「言語化する」ためのポイント
  8. 競歩・ウォーキング ピッチ(回転数)を上げるためにいしきしたいこ…
PAGE TOP
PAGE TOP