BLOG

ウォーキングブログ

競歩 ウォーキングで、=膝関節への負担を軽くする方法=

競歩やウォーキングは

ランニングと違って、ジャンプ(跳び上がらない)しないので

膝関節への負担は少ないとされています。

 

もちろん、これは正解です。

 

それを更に負担を小さくするのは、

骨盤を上手に使うこと。

 

着地の衝撃を膝や足首で、受け止めるのでなく、

骨盤で受け止めるようにするのがポイントです。

 

足を大きく踏み出してしまうと、

振り出したところに地面がなくなるので

上から下に叩くような動作になります。

これが、膝関節で衝撃を受け止める一因になってしまいます。

 

腰で歩く、という意識を持てば

足が歩くためのメインの身体動作にならないので

足を持ち上げにくくなり、着地の衝撃も小さく出来るでしょう

 

この歩き方は、変形性股関節症や変形性膝関節症の方にも有効で

ポイントを掴めれば、痛み軽減することにもつながります

Follow me!

関連記事

  1. 理学療法士・作業療法士の先生方と勉強会で気づいた、ウォーキングを…
  2. ウォーキング 腕振り 肘を曲げる 肘を伸ばす メリット デメリッ…
  3. リラックスして脚を前に出す感覚を、ゴルフで例えると。。。
  4. 膝が痛くなったシューズ、マメが出来たシューズ
  5. 競歩の歩き方 74才女性でも綺麗な競歩で歩けます
  6. ウォーク(競歩)してたら、足が細くなる、お尻と足のくびれが深くな…
  7. 肘を曲げたウォーキングで初心者がつい失敗してしまう事
  8. ウォーキング 競歩の技術を習得していく順番の重要性
<<
PAGE TOP