ブログ

ウォーキングや普段の歩行で「つまずきやすい」という方が勘違いしていること

ウォーキングの講習会をすると

「最近つまづきやすくなったから参加しました」

という方がたまにいます。

 

その方たちが決まって言うのは

「足が上がらなくなったから、つまづくようになった」

という趣旨のこと。

 

これには勘違いだと思います。

街中でも、若い世代が脚を持ち上げて歩いているか?といったらそうではなく

かといって、ある程度の高い年齢層の方が、足を引きずって歩いているか?

といったら、決してそんなことはありません。

 

足が高く上がらなくなったから、つまづく訳ではありません。

それこそ、競歩の選手たちは「足を地面ぎりぎりを滑らすように低く歩く」

という指導をされます。ですがもちろんつまづくことはありません。

 

では、なぜ、つまづくか?

 

それは「つま先が下がる」からです。

足が低くても、つま先があがりかかと着地できればつまづきません。

つまづくときは、かかとからではなく常に「つま先」から。

かかとを地面に引っ掛けて転んだ!、なんて話は聞いたことがありません。

 

つまづきやすくなった方は、まずは「かかと着地」を意識するのがよいでしょう

 

パーソナルでウォーキングを習ってみませんか?

躓き難くなる、身体を上手に使えて歩く・走るが楽になる、

変形性関節症でもスポーツが楽しめる

いつまでも自分の足で歩いていられる!

ウォーク・競歩・ラン・マラソン!人生を自分の身体と楽しんでいきましょう!

 

Follow me!

関連記事

  1. 金メダリストが日本に来る背景とは? 東京五輪の前哨戦!4月に石川…
  2. 行橋‐別府100㎞、今からでもタイムを縮める方法
  3. 100kmウォーク攻略講習会 100km11時間台ウォーカーが装…
  4. 行橋別府100㎞、新型コロナウィルス感染拡大防止のための中止を早…
  5. お腹を捻じってウェスト周りをウォーキングで減らす!ダイエット お…
  6. 競歩は、簡単で難しい
  7. 確実に、録画で観るのと、LIVEで観るのを間違えた気がする件
  8. 脚の長さに左右差がある!という方がウォーキングで気を付けないとい…
PAGE TOP
PAGE TOP