BLOG

講師 柳澤 哲によるウォーキングブログ

ウォーキングや普段の歩行で「つまずきやすい」という方が勘違いしていること

ウォーキングの講習会をすると

「最近つまづきやすくなったから参加しました」

という方がたまにいます。

 

その方たちが決まって言うのは

「足が上がらなくなったから、つまづくようになった」

という趣旨のこと。

 

これには勘違いだと思います。

街中でも、若い世代が脚を持ち上げて歩いているか?といったらそうではなく

かといって、ある程度の高い年齢層の方が、足を引きずって歩いているか?

といったら、決してそんなことはありません。

 

足が高く上がらなくなったから、つまづく訳ではありません。

それこそ、競歩の選手たちは「足を地面ぎりぎりを滑らすように低く歩く」

という指導をされます。ですがもちろんつまづくことはありません。

 

では、なぜ、つまづくか?

 

それは「つま先が下がる」からです。

足が低くても、つま先があがりかかと着地できればつまづきません。

つまづくときは、かかとからではなく常に「つま先」から。

かかとを地面に引っ掛けて転んだ!、なんて話は聞いたことがありません。

 

つまづきやすくなった方は、まずは「かかと着地」を意識するのがよいでしょう

 

パーソナルでウォーキングを習ってみませんか?

躓き難くなる、身体を上手に使えて歩く・走るが楽になる、

変形性関節症でもスポーツが楽しめる

いつまでも自分の足で歩いていられる!

ウォーク・競歩・ラン・マラソン!人生を自分の身体と楽しんでいきましょう!

 

Follow me!

関連記事

  1. どんな人だって、「速く歩ける」ようになります
  2. 20㎞競歩は日本最高レベルの層の厚さ、これをどう結果に結びつける…
  3. 20㎞競歩日本のエースが海外での初表彰台で見せた可能性と課題
  4. 【競歩】世界競歩チーム選手権、代表決定!
  5. 5年間、五輪・世界陸上が続く異常事態
  6. しおや100㎞ウォーク、お疲れさまでした!
  7. ウォーキング中級者以上が気を付けたい、ブレーキを掛けて歩かないこ…
  8. 1996年に伝えられたジョルディ氏による 競歩のためのドリルトレ…
<<
PAGE TOP