ブログ

東京五輪競歩TV解説裏話 国際映像の罠にハマる

実は、世界陸上と五輪では

同じ陸上競技の国際大会ですが

映像を制作するチームが明確に分かれます。

 

世界陸上では、国際映像用のカメラと、TBSさんが独自で置くカメラ

バイクカメラもあり、TBSの製作スタッフが、国際映像をメインにしつつ

さまざまなカメラの映像をミックスして配信をします。

だから、ちょっとしたアクシデントや日本人の様子、こまかなレース展開の変化にも

画面がすぐに対応してくれます。

 

ですが、五輪では、、、

OBS(オリンピック放送機構)がすべての映像を制作し、

その映像しか使われなくなっています。

ですから、日本人になにが起きようとも分からず

画面に不具合が起ころうとも、日本の放送局にはどうすることもできない。

※詳しくはこちらの記事を参照ください

https://news.yahoo.co.jp/articles/ee4148dc9b82ada562cb3ce83c094b3bf4560f2d

 

競歩では、50㎞競歩ダンフィー選手の猛烈な追い上げを

OBSはものの見事に逃してしまい、

気が付いたら、映像上ではいきなりダンフィー選手が3位に入っている映像になってしまいました。

普通にびっくりしている様子が放送にのり、、、

もっと注意深く画面を観察しないといけない、っと反省はしつつ

 

OBS、ちゃんとしてー、、、とも、当然思いました(笑)

Follow me!

関連記事

  1. 競歩でフォームの感覚が狂ったとき(不調になった)、心がけたいこと…
  2. ウォーキング や 競歩で左右のバランスが悪い時に確認すべきこと
  3. 世界陸上ドーハ大会 蒸し暑い。。。
  4. コーチ、という言葉が好きな理由
  5. 全日本競歩能美大会、明日開催!東京五輪代表選手が欠場から見えてき…
  6. 楽に速く歩くには?着地する→載せる→押し出す(踏み出す?蹴る?)…
  7. ウォーキング 競歩 コーチをするということは「学び続けること」
  8. 速く、楽に、ウォークする、、、できますか?
PAGE TOP
PAGE TOP