ブログ

片麻痺でも、身体を動かすことで、心身の健康を保つ

片麻痺の方へのウォーキングのトレーニングを長くしています

 

おそらく、競歩の五輪経験者で疾患のある方への

ウォーキングの指導経験があるのは、おそらく私だけだと思います。

 

難しいことは、基本的にはなく

「重心を安定させること」

「体幹を使うこと」

「身体への負担を少なくすること」

競歩の楽に速く歩く技術を、かみ砕いて伝える

という基本的なことを、「安全」に配慮しながらおこなっています。

 

コロナ禍で、なかなかジムにいけないので

屋外でのウォーキングが体力維持に大きな役割を果たしています。

 

疾患があって、なかなか動けない(運動できない)

っという方も多いと思いますが、

ぜひ、ウォーキングだけでもして頂き、身体も心も落ちていかないように

「身体を動かす」を楽しんで欲しいと思います

 

こちらのブログ合わせて読んでみて下さい

片麻痺の方とのトレーニング対談 最終回 自分の器の小ささを感じさせた、Nさんの「感謝」のコメント。 

 

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキング で腰が痛くなる方へ
  2. ウォーキング プロとアマチュアの境目とは?
  3. 【ウォーキングで筋力を増やす】ウォーキングで筋力を増やす「正しい…
  4. ウェストを絞る!(引き締める)を意識してウォーキング
  5. 自分に合った情報を収集するのは、とても難しい。。。
  6. 競歩のモーションキャプチャーから分かること② 押す力の重要性
  7. 寒くても血圧のために歩きましょう!NHKは影響力大
  8. サッカー日本代表の代わりにボヤいてみました
PAGE TOP
PAGE TOP