ブログ

ラン ウォーキング 競歩で つま先の向き、超重要

ラン ウォーキング 競歩で

つま先の向きはとても重要です。

 

「母指球」で重心を抜けて走る・歩く

よく聞くアドバイスです。

そのことを意識させるグッズも売っているくらいです。

 

ですが、「つま先の向き」まで気を付けている人は少ないでしょう

 

ガニ股で、つま先の向きが外側に向いている方が母指球を意識したらどうなるでしょう?

内またで、つま先の向きが内側に向いている方が母指球を意識したらどうなるでしょう?

 

身体を前に進ませるために、当然、使う筋肉は進行方向の裏側の筋肉を使います

 

蟹股だと、つま先が開くので、ハムストリングスをメインに使わず「外側広筋」という太ももの外側の筋肉

内股だと、つま先が閉じるので、ハムストリングスをメインに使わず「内転筋」という太もも内側の筋肉

を使います

 

どちらとも、せっかく大きな前に進むための筋肉を使わず

靱帯を痛めやすい、歩き方になってしまいます。

「つま先の向き」気を付けましょう

Follow me!

関連記事

  1. ロングウォークをすればするほど、「楽に」のために、僅かしか進まな…
  2. ジョグ歩行(Jog歩)を勧めない理由
  3. ウォーキング 競歩 リラックスするために「緊張しろ!」っと言われ…
  4. 雪でウォーキングが出来ない!、そんな皆さんがコツコツしたいトレー…
  5. 速く歩く、ために、使いたい場所・鍛えたい場所
  6. 速くウォーキング(歩く)が出来ると、地面の方から動いてくれます
  7. ”速く歩こうと思ったら、足の存在を忘れてました”変形膝関節症の方…
  8. 【健康ウォーキング】上下動させないことは、身体への負担を小さくす…
PAGE TOP
PAGE TOP