ブログ

ラン ウォーキング 競歩で つま先の向き、超重要

ラン ウォーキング 競歩で

つま先の向きはとても重要です。

 

「母指球」で重心を抜けて走る・歩く

よく聞くアドバイスです。

そのことを意識させるグッズも売っているくらいです。

 

ですが、「つま先の向き」まで気を付けている人は少ないでしょう

 

ガニ股で、つま先の向きが外側に向いている方が母指球を意識したらどうなるでしょう?

内またで、つま先の向きが内側に向いている方が母指球を意識したらどうなるでしょう?

 

身体を前に進ませるために、当然、使う筋肉は進行方向の裏側の筋肉を使います

 

蟹股だと、つま先が開くので、ハムストリングスをメインに使わず「外側広筋」という太ももの外側の筋肉

内股だと、つま先が閉じるので、ハムストリングスをメインに使わず「内転筋」という太もも内側の筋肉

を使います

 

どちらとも、せっかく大きな前に進むための筋肉を使わず

靱帯を痛めやすい、歩き方になってしまいます。

「つま先の向き」気を付けましょう

Follow me!

関連記事

  1. 10㎞をウォーク、速く歩くためにバリエーションをつけて歩く その…
  2. 時速12㎞で気持ち良く10㎞を歩く 5分/㎞で歩いたときの歩幅は…
  3. ウォーキング・競歩、上級者がさらにレベルアップするのに必要なこと…
  4. ランをされている方が競歩に挑戦しようと思うときに「ウォーキング」…
  5. LT値(乳酸性作業閾値)を知ることは自分を知ること
  6. 理学療法士の皆さんに「骨盤で歩く」を伝えたら。。。
  7. 競歩でスピードを殺さずに前に進むために
  8. トラックで4時間
PAGE TOP
PAGE TOP