ブログ

速く歩く ウォーキング 健康のために歩くのに「体力」は最初からは必要ありません

ゆっくり歩いてしまうと「体力」は付き難いです

ですが、

速く歩くと、運動負荷が高まり「体力」がついてきます。

 

そして、この「速く歩く」は個人差があることなので

人によっては時速3㎞でも、速く歩くことになり「速く体力のつくウォーキング」になり

人によっては時速7㎞で、速く歩くになり「速く体力のつくウォーキング」になります。

 

最初から速く歩ける必要はなく、

自分に合った「速く」を見つけることが「体力」をつけていく近道になります

 

最初から、「体力」がある必要はありません。

体力をつけるためにウォーキングをするのですから。

 

パーソナルでウォーキングを習ってみませんか?

躓き難くなる、身体を上手に使えて歩く・走るが楽になる、

変形性関節症でもスポーツが楽しめる

いつまでも自分の足で歩いていられる!

ウォーク・競歩・ラン・マラソン!人生を自分の身体と楽しんでいきましょう!

 

Follow me!

関連記事

  1. 【健康ウォーキング】ウォーキングを始める方が履きたいシューズ
  2. 【ウォーキングでマラソン完走】主要なマラソン大会でも十分可能です…
  3. 時速8㎞で歩けるようになるためのストーリー
  4. 【ウォーキングで筋力を増やす】ウォーキングで筋力を増やす「正しい…
  5. 体力・筋力は加齢とともに落ちていく、止めることは出来ないけど、落…
  6. ウォーキングをするとどこかしら痛む。。。という方が長くウォーキン…
  7. ウォーキングや普段の歩行で「つまずきやすい」という方が勘違いして…
  8. 時速7㎞でウォーキングすることを目指そう! 超初心者のためのウォ…
PAGE TOP
PAGE TOP