ブログ

【ダイエット ウォーキング】散歩とウォーキング、圧倒的にウォーキングで歩く方が痩せていく理由

ウォーキングは「運動初心者」でも手軽に出来るのが最大のメリット

体力があろうとなかろうと、身体を動かすことになるので

体重は減りやすいです。

 

ですが、「ウォーキングをしても痩せない」

という声をよく聞きます。

お話を聞くと、「それだとなかなか痩せない、、、」ということされている方が多いです

 

・ウォーキングではなくて、散歩になってしまっている

まず、「ウォーキング」と「散歩の違い」を明確にしましょう

ウォーキングは「早足」で歩き、両腕を振って歩いている、という状態

散歩は、腕をあまり振らずに、のんびりと歩いている、という状態です。

散歩だと、どうしても心肺的な負荷が掛からずに、カロリー消費も少なくなり

けっこうたくさんの距離を歩いても消費カロリーは僅かです。

 

散歩(時速3.2k)の消費カロリーは30分で88kcal、ウォーキング(時速6.4㎞)だと158kcal(体重60㎏の場合)

当然、2倍くらいの違いです。

この2倍の差は、「継続すれば継続するほど、2倍以上の差に広がる」傾向になります。

 

どういうことかというと、時速6㎞でウォーキングしようとすると

当然、心拍数も上がりやすくなり、結果として心肺機能が向上します

そうなると体力がつき、歩くスピードも自然と上がっていき

さらに高い消費カロリーが30分の時間の中で作られます。

 

しかし、散歩程度のスピードで終わらせしまうと、

心肺機能への刺激も少なく、どうしても筋力的にも心肺機能的にも

ウォーキングに比べると向上する量は僅か。

しかも、消費カロリーも少ないので、

今日は「30分歩いたから、少し多く食べても大丈夫」なんてやってしまうと

すぐにカロリーオーバー

散歩30分の消費カロリー(88kcal)なんてお茶碗半分ぐらいでしかありません。

 

ダイエットのためであれば、「ウォーキング」をしっかりとおこなっていきましょう

 

 

パーソナルでウォーキングを習ってみませんか

自分の目的・体力に合ったウォーキングをして

効率よく目標にたどり着きましょう!

 

Follow me!

関連記事

  1. 1キロウォーキング、全力で「歩く」と所要時間は、どれぐらい?
  2. 100kmウォーク UWTTで自己記録を3時間縮めることは可能
  3. 腕振りの無くて七癖、腕振りは左右バランスよく振りたい
  4. 足には左右差がある、のは普通の事です。
  5. 100kmウォーク 乳酸を燃やせ!!
  6. 【ウォーキング】ご自身のウォーキングフォームを見たことはあります…
  7. 健康のためにスポーツジムに通う、以外の選択肢はたくさんあります
  8. YouTube動画更新しました! 膝を伸ばして、重心を使う「スト…
PAGE TOP
PAGE TOP