ブログ

初マラソン、「実は最初から歩いた方がもっと早くゴールできたのじゃないか?」という疑惑

マラソンに初挑戦をして、

走ってスタートはしてみたものの

30㎞前後ぐらいから、

「疲れたし」「膝も痛いし」で

最後には、いつもの歩くスピードよりもかなり遅くなり、

 

「実は、最初から歩いた方がもっと早くゴールできたのでは?」

 

っと思ったことがある、マラソン初心者の方は案外多いと思います。

 

やはり、体力がない方が

「走ってマラソンを完走する」にはいろいろとリスクもあり

最後までゴールできたとしても、タイムがかなり遅くなってしまいます。

 

最初から「ウォーキング(歩く)」の方が、結果としては

速いタイムでゴールができるでしょう。

 

実際に、パーソナルで

60歳でマラソンに走って出場してゴールしたタイムと

67歳でマラソンをずっとウォーキングでゴールしたタイムでは

20分ぐらいしか差がなかったという方がいました。

 

若くて走ったのに、速くなく

年齢を重ねて歩いたのに、そこそこ速かった。。。

 

マラソンは無理に「走る」をしなくても十分楽しめると思います

 

走るは、どんなに上手に走っても、歩くよりも身体への負担は大きい

その分、疲労も早く来るのは当然です。

走るのに慣れていない方が、最初に歩くを選択してマラソンを完走しようとするのは

とても賢い選択でしょう

 

パーソナルでウォーキングを習ってみませんか

自分の目的・体力に合ったウォーキングをして

効率よく目標にたどり着きましょう!

 

 

Follow me!

関連記事

  1. 東京五輪マラソン東京コース ウォーク サブ5での上下動は?歩幅は…
  2. 【選手のときのはなし】ドイツの試合で、3m競歩をする
  3. ウォーキングや競歩で、足音がする歩き方って良いの?
  4. 金メダリストが日本に来る背景とは? 東京五輪の前哨戦!4月に石川…
  5. 運動初心者の女性で3㎞競歩から転向して、僅か2ヶ月で初ハーフマラ…
  6. 五輪のスタート時間は誰のもの?
  7. 競歩は身長の高い方が有利か! その意識を打ち破った女性アスリート…
  8. 速く歩く、ために、使いたい場所・鍛えたい場所
PAGE TOP
PAGE TOP