ブログ

【健康ウォーキング】内ももにしっかりと「立つ」意識でウォーキングしよう

内ももに「立つ」意識で歩くのは

身体を上手に使って歩くための、大事なポイントです。

太ももの内側を意識できることで

内転筋という普段意識しないと使いにくい筋肉を意識しやすくなり

 

ウォーキングしていて、なんだかフラフラする

という方には、軸が身体の中心になりやすいので

軸が安定してフラフラしにくくなります。

 

ウォーキングをしていて、足元がふらつくなど、

バランスが取れにくい方は、気を付けてみて下さい

 

 

パーソナルでウォーキングを習ってみませんか?

自分の目的・体力に合ったウォーキングをして

効率よく目標にたどり着きましょう!

 

Follow me!

関連記事

  1. 速く歩けている、という誤解を生むもの そして、60代膝が内側に曲…
  2. WEB無料講習会 競歩初心者メニュー講座 ご質問をいただいている…
  3. 100㎞ウォーク完歩! しおや100㎞ウォーク12時間台(ご本人…
  4. 足裏(土踏まず)がウォーキング や 競歩で痛くなる、という方へ
  5. ウォーキングのペースを上げるのに「力」を使わない理由
  6. ウォーキングで速く歩くために、競歩のストロールを学ぶ
  7. ウォークで速く歩くために!前回のエラーの修正にトライ 19㎞を時…
  8. 競歩でスピードを出すのは気持ちがいい、時速15kmで200m歩い…
PAGE TOP
PAGE TOP