BLOG

ウォーキングブログ

【健康ウォーキング】内ももにしっかりと「立つ」意識でウォーキングしよう

内ももに「立つ」意識で歩くのは

身体を上手に使って歩くための、大事なポイントです。

太ももの内側を意識できることで

内転筋という普段意識しないと使いにくい筋肉を意識しやすくなり

 

ウォーキングしていて、なんだかフラフラする

という方には、軸が身体の中心になりやすいので

軸が安定してフラフラしにくくなります。

 

ウォーキングをしていて、足元がふらつくなど、

バランスが取れにくい方は、気を付けてみて下さい

 

 

パーソナルでウォーキングを習ってみませんか?

自分の目的・体力に合ったウォーキングをして

効率よく目標にたどり着きましょう!

 

Follow me!

関連記事

  1. 速く歩くために、お腹を凹ませて、お尻から足を振る
  2. 競歩の上達で大切な事、「言葉に出来る」ということは、間違った動き…
  3. ウォーキングでの「腕振り」は超重要
  4. 1㎞をどれぐらいの速さでウォーキング出来ますか?
  5. ランニングとウォーキングの違いからのシューズ 選び
  6. youtube動画UPしました! 骨盤を動かす上半身の使い方 #…
  7. マメぐらいできます・・・
  8. ウォーキングとランの違いを理解しよう! #ランナー が「#速くウ…
<<
PAGE TOP