BLOG

ウォーキングブログ

【健康ウォーキング】内ももにしっかりと「立つ」意識でウォーキングしよう

内ももに「立つ」意識で歩くのは

身体を上手に使って歩くための、大事なポイントです。

太ももの内側を意識できることで

内転筋という普段意識しないと使いにくい筋肉を意識しやすくなり

 

ウォーキングしていて、なんだかフラフラする

という方には、軸が身体の中心になりやすいので

軸が安定してフラフラしにくくなります。

 

ウォーキングをしていて、足元がふらつくなど、

バランスが取れにくい方は、気を付けてみて下さい

 

 

パーソナルでウォーキングを習ってみませんか?

自分の目的・体力に合ったウォーキングをして

効率よく目標にたどり着きましょう!

 

Follow me!

関連記事

  1. YouTube更新しました! 競歩のためのピッチを上げるトレーニ…
  2. ランをされている方が競歩に挑戦しようと思うときに「ウォーキング」…
  3. 【健康ウォーキング】膝への負担を少なくするために、気を付けたいこ…
  4. ウォーキングをしているときに、感じたい「足裏の感覚」
  5. 全日本マスターズ競歩で失格された方へ 競歩での失格は「汚点」では…
  6. 60代女性が「1㎞を歩くタイム」から、スピードが◯◯%落ちで10…
  7. 速くウォーキングしてみよう!時速7㎞でウォーキング
  8. 競歩の歩き方 74才女性でも綺麗な競歩で歩けます
<<
PAGE TOP