ブログ

【健康ウォーキング】内ももにしっかりと「立つ」意識でウォーキングしよう

内ももに「立つ」意識で歩くのは

身体を上手に使って歩くための、大事なポイントです。

太ももの内側を意識できることで

内転筋という普段意識しないと使いにくい筋肉を意識しやすくなり

 

ウォーキングしていて、なんだかフラフラする

という方には、軸が身体の中心になりやすいので

軸が安定してフラフラしにくくなります。

 

ウォーキングをしていて、足元がふらつくなど、

バランスが取れにくい方は、気を付けてみて下さい

 

 

パーソナルでウォーキングを習ってみませんか?

自分の目的・体力に合ったウォーキングをして

効率よく目標にたどり着きましょう!

 

Follow me!

関連記事

  1. 五輪が近づき「競歩」が注目を浴びる中、初めて競歩を見る方にしって…
  2. 最大心拍数の計算方法 「220-年齢」は飛行機の中の退屈しのぎで…
  3. 時速7㎞以上で楽にウォーキングできない方の共通点
  4. 【ウォーキング】健康のためにあえて選びたいコース3選
  5. ZOOM講習会 心拍数を活用したトレーニング(実践トレーニング編…
  6. ウォーク 時速9㎞で歩く68歳女性のウォーキングフォーム
  7. 免疫力UPの食事メニュー 日本陸連が選手向けに情報発信
  8. 深夜の山手線は、電車の音より、都会の喧騒が賑やか 山手線ナイトウ…
PAGE TOP
PAGE TOP