ブログ

【健康ウォーキング】内ももにしっかりと「立つ」意識でウォーキングしよう

内ももに「立つ」意識で歩くのは

身体を上手に使って歩くための、大事なポイントです。

太ももの内側を意識できることで

内転筋という普段意識しないと使いにくい筋肉を意識しやすくなり

 

ウォーキングしていて、なんだかフラフラする

という方には、軸が身体の中心になりやすいので

軸が安定してフラフラしにくくなります。

 

ウォーキングをしていて、足元がふらつくなど、

バランスが取れにくい方は、気を付けてみて下さい

 

 

パーソナルでウォーキングを習ってみませんか?

自分の目的・体力に合ったウォーキングをして

効率よく目標にたどり着きましょう!

 

Follow me!

関連記事

  1. ラン・競歩 動きづくりドリルトレーニングで、意識しなければいけな…
  2. ウォーキング・競歩で、歩き終わった後に「痛い」場所がある
  3. 「変形性股関節症」「変形性膝関節症」には、早めに対処しよう!
  4. ウォーキングのペースを上げるのに「力」を使わない理由
  5. 速く歩くためにマスターしたい「基本の3つ」、出来ているかどうか?…
  6. しおや100㎞ウォーク、2年連続トップに東京エクストリームウォー…
  7. ウォーキングで肘を曲げて腕を振った方が、疲れにくい理由
  8. 値段が高いシューズほど靴底の減りが早い理由
PAGE TOP
PAGE TOP