ブログ

【健康ウォーキング】内ももにしっかりと「立つ」意識でウォーキングしよう

内ももに「立つ」意識で歩くのは

身体を上手に使って歩くための、大事なポイントです。

太ももの内側を意識できることで

内転筋という普段意識しないと使いにくい筋肉を意識しやすくなり

 

ウォーキングしていて、なんだかフラフラする

という方には、軸が身体の中心になりやすいので

軸が安定してフラフラしにくくなります。

 

ウォーキングをしていて、足元がふらつくなど、

バランスが取れにくい方は、気を付けてみて下さい

 

 

パーソナルでウォーキングを習ってみませんか?

自分の目的・体力に合ったウォーキングをして

効率よく目標にたどり着きましょう!

 

Follow me!

関連記事

  1. 【時速7㎞ 早く歩く ウォーキング】そこから時速8㎞にステップア…
  2. 時速8.4㎞(7’08/㎞)を短期間で歩けるようになった60代男…
  3. 自分のウォーキングのスキルが高いのか?低いのか?簡単に知る2つの…
  4. 【早く歩く、テクニック】手前に足を引き戻しながら着地する
  5. 「感謝します」とのご連絡
  6. 暑い日のトレーニング後にしたいリカバリー方法
  7. 40・50代からマラソンではなく、ウォーキング・競歩を始める方の…
  8. 歩いて【マラソンのサブ6】を狙う、ウォーキングトレーニングの〈第…
PAGE TOP
PAGE TOP