ブログ

【健康ウォーキング】ゆっくりウォーキングでも意識して使いたい《筋肉の部位》

ゆっくりウォーキングをしても、

ぜひ、意識して使いたいのが

「お尻」「太もも裏側」の筋肉。

 

漠然とゆっくりウォーキングしてしまうと、なかなか意識して使えない場所です。

 

お尻・太もも裏側は、胴体(体幹)に近い場所なので

胴体(体幹)もウォーキングしながら鍛えやすく

下半身でも大きな筋肉のお尻と太もも裏側を使うので

比較的楽に歩けると同時に、

一歩一歩に体重を載せることで、「鍛える」ということもできます。

 

ゆっくりでも良いでの「お尻」「太もも裏」を意識してウォーキングしましょう

 

 

ーーーーーーーーーーーー

パーソナルでウォーキング・競歩・ランニング(競歩式)を習ってみませんか?

自分の目的・体力に合ったウォーキングをして

効率よく目標にたどり着きましょう!

 

医者から運動を勧められているが、疾患がある、膝が痛いという方も

諦めずに身体への負担を小さくする身体の使い方をトライしてみましょう

 

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキングでも、競歩でも、出来るだけ「小さくしたいこと」
  2. 40・50代からマラソンではなく、ウォーキング・競歩を始める方の…
  3. ウォーキングや競歩 のデジタルデータ化とは?
  4. 腕振りが生み出すもの 競歩のモーションキャプチャーからわかる事①…
  5. ウォーキング 「寒暖差」を小さくして身体を冷やさないように歩こう…
  6. 【競歩の歩く技術】を用いてパーキンソン病の方の歩き方が変わった大…
  7. ウォーキング 競歩での寒さ対策 2019年度版
  8. 【ウォーキング】速くウォーキングするための歩き方 基本の3つ Y…
PAGE TOP
PAGE TOP