ブログ

【健康ウォーキング】ゆっくりウォーキングでも意識して使いたい《筋肉の部位》

ゆっくりウォーキングをしても、

ぜひ、意識して使いたいのが

「お尻」「太もも裏側」の筋肉。

 

漠然とゆっくりウォーキングしてしまうと、なかなか意識して使えない場所です。

 

お尻・太もも裏側は、胴体(体幹)に近い場所なので

胴体(体幹)もウォーキングしながら鍛えやすく

下半身でも大きな筋肉のお尻と太もも裏側を使うので

比較的楽に歩けると同時に、

一歩一歩に体重を載せることで、「鍛える」ということもできます。

 

ゆっくりでも良いでの「お尻」「太もも裏」を意識してウォーキングしましょう

 

 

ーーーーーーーーーーーー

パーソナルでウォーキング・競歩・ランニング(競歩式)を習ってみませんか?

自分の目的・体力に合ったウォーキングをして

効率よく目標にたどり着きましょう!

 

医者から運動を勧められているが、疾患がある、膝が痛いという方も

諦めずに身体への負担を小さくする身体の使い方をトライしてみましょう

 

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキングや競歩で、スピードを維持し続けることができない要因
  2. 40・50代からマラソンではなく、ウォーキング・競歩を始める方の…
  3. 初心者 のための トップウォーカーのフォーム解説① 【体幹が身体…
  4. 66才 女性 ウォーキング テン8(時速8kmで10km)は、ト…
  5. ウォーキングを上達するためトレーニングメニューを考える。トレーニ…
  6. 競歩でベントニー(膝曲がり)の反則をしないために、気を付けたいこ…
  7. プロ(実業団選手)と一般ウォーカー・ランナーとの差を生むもの
  8. 誰もが速く歩けます 67歳 女性でも1㎞を8分10秒で「歩く」
PAGE TOP
PAGE TOP