ブログ

東京エクストリームウォーク100㎞に向けて、今からしたい準備 左右差を小さくする

東京エクストリームウォークがいよいよ今週末となりました。

「歩く」という方も多いと思います。

今からでも少しずつ準備したいことを、書きたいと思います

 

タイトルにも書きましたが、「左右差を小さくする」

ということ。

ほぼすべての人が足の長さが左右違っています。

右利き、左利きがあるように、脚にも右利き左利きがあります。

骨盤のゆがみが左右差の原因で言われますが

股関節の大転子周りの硬さでも変わってきますし

左右差が仮に脚は同じで合っても、腕の振り方が上半身で左右差があれば

当然、下半身の足の運びも変わってきます。

 

距離が比較的短ければ、影響はさほど出ずにゴールできますが

100㎞だと、仮に1歩1mだとしても10万回、脚を使うことになります。

そうなると、左右差が大きいとどうしても片方の脚にだけに負担が掛かる

ということが起きてきてしまいます。

 

左右別々に行う、ストレッチをするとご自身の左右差がよく分かると思います

「関節の硬い」だけでなく、筋肉の硬さも影響があります。

左右別々に行うストレッチをして、硬いと思う方は

こまめにストレッチをしてあげる、というのは地味ですが

東京エクストリームウォークで100㎞を完歩するために、やっておきたいことでしょう

 

ーーーーーーーーーーーー

パーソナルでウォーキング・競歩・ランニング(競歩式)を習ってみませんか?

自分の目的・体力に合ったウォーキングをして

効率よく目標にたどり着きましょう!

 

医者から運動を勧められているが、疾患がある、膝が痛いという方も

諦めずに身体への負担を小さくする身体の使い方をトライしてみましょう

 

Follow me!

関連記事

  1. 50km競歩にもスピード化を呼びこんだ大会となった、2019年日…
  2. 日本陸連もSNSを活用する時代。20㎞競歩の飛躍のために!
  3. 世論は、選手の気持ちでは無いのです
  4. 冬のウォーキングで寒さ対策で実際に着ているウェアの解説
  5. 東京エクストリームウォーク 雨の日チャレンジはできれば避けたい
  6. #ウォーキング で #骨粗鬆症 の予防・改善 のために気を付けた…
  7. 今年1番読まれたブログ(本当は1番じゃないけど) リライト版 時…
  8. 古希(70歳)を迎えて競歩に出会った女性のストーリー
PAGE TOP
PAGE TOP