ブログ

東京エクストリームウォーク100㎞に向けて、今からしたい準備 左右差を小さくする

東京エクストリームウォークがいよいよ今週末となりました。

「歩く」という方も多いと思います。

今からでも少しずつ準備したいことを、書きたいと思います

 

タイトルにも書きましたが、「左右差を小さくする」

ということ。

ほぼすべての人が足の長さが左右違っています。

右利き、左利きがあるように、脚にも右利き左利きがあります。

骨盤のゆがみが左右差の原因で言われますが

股関節の大転子周りの硬さでも変わってきますし

左右差が仮に脚は同じで合っても、腕の振り方が上半身で左右差があれば

当然、下半身の足の運びも変わってきます。

 

距離が比較的短ければ、影響はさほど出ずにゴールできますが

100㎞だと、仮に1歩1mだとしても10万回、脚を使うことになります。

そうなると、左右差が大きいとどうしても片方の脚にだけに負担が掛かる

ということが起きてきてしまいます。

 

左右別々に行う、ストレッチをするとご自身の左右差がよく分かると思います

「関節の硬い」だけでなく、筋肉の硬さも影響があります。

左右別々に行うストレッチをして、硬いと思う方は

こまめにストレッチをしてあげる、というのは地味ですが

東京エクストリームウォークで100㎞を完歩するために、やっておきたいことでしょう

 

ーーーーーーーーーーーー

パーソナルでウォーキング・競歩・ランニング(競歩式)を習ってみませんか?

自分の目的・体力に合ったウォーキングをして

効率よく目標にたどり着きましょう!

 

医者から運動を勧められているが、疾患がある、膝が痛いという方も

諦めずに身体への負担を小さくする身体の使い方をトライしてみましょう

 

Follow me!

関連記事

  1. 東京五輪50㎞競歩代表 川野将虎選手 世界ランキング5位 迷わず…
  2. コーチだからこそ皆にはそれぞれに合った言葉で「声」を掛けたい
  3. NHK ラジオ番組収録してきました!
  4. ウォーキングを上手になろうと思う方が、まず最初にすべきこと
  5. ウォーキング初心者に参考にしてもらいたいシューズの選び方
  6. 坂ダッシュ!実は予想外の展開 ZIPのメダルラッシュをより楽しん…
  7. 冬季北京五輪、競技を見ていて選手の活躍と同じくらい気になるものと…
  8. 大坂なおみ選手の全豪オープン決勝進出!選手ファーストならば、配慮…
PAGE TOP
PAGE TOP