ブログ

お腹を捻じってウェスト周りをウォーキングで減らす!ダイエット お手軽、競歩で痩せる!

競歩の歩き方で特徴的なのは、お尻(骨盤)の使い方でしょう

あの動きは、お尻を振っているのではなく

お尻(骨盤)を前後に動かしている、動作です。

 

そして、お尻(骨盤)を動かしているのは

実は「お腹」です。

 

ですから、腰を捻るように歩くというよりか

「お腹を捻じる」ということを意識した歩き方をすれば

お腹周りの腹斜筋や大腰筋を使うことになります。

 

腹斜筋はウェストの「くびれ」を

大腰筋は「下腹」を凹ませてくれます。

 

しっかり腕を振って、お腹を捻じって歩いてみて下さい!

ーーーーーーーーーーーー

パーソナルでウォーキング・競歩・ランニング(競歩式)を習ってみませんか?

自分の目的・体力に合ったエクササイズ+ウォーキングをして

効率よく目標にたどり着きましょう!

 

医者から運動を勧められているが、疾患がある、膝が痛いという方も

諦めずに身体への負担を小さくする身体の使い方をトライしてみましょう

#くびれを作る #下腹を凹ます #ウォーキングでダイエット #ウォーキングのためのエクササイズ #寒さ対策 #ウォーキング #膝痛 #楽に歩く #早く歩く #競歩 #ウォークからランにつなげる

#マラソン完走 #誰でも出来るマラソン完走 #マラソン #健康増進 #体力アップ #後期高齢者

#パーキンソン病 #ストライドを広げる #回転数を作る #運動 #ウォーキングフォーム #フォームチェック

#サプリメント #ジョグ歩 #jog歩 #室内でも出来るウォーキングトレーニング

Follow me!

関連記事

  1. 確実に、録画で観るのと、LIVEで観るのを間違えた気がする件
  2. 競歩フォーム 競歩の歩き方が難しいと思っている方へ
  3. 身体の疲労を回復させる2大要素
  4. 50㎞競歩日本記録更新! 日本記録を更新する難しさ。そんな中、学…
  5. 競歩 ウォーク ラン でペースを遅くすれば、楽になる?は本当か
  6. 東京五輪 男子50㎞競歩展望
  7. 東京エクストリームウォーク 17時間台で歩かれた方からのお礼メー…
  8. 前の会社の元同僚が、TV画面で涙を流す姿を見て想う
PAGE TOP
PAGE TOP