ブログ

お腹を捻じってウェスト周りをウォーキングで減らす!ダイエット お手軽、競歩で痩せる!

競歩の歩き方で特徴的なのは、お尻(骨盤)の使い方でしょう

あの動きは、お尻を振っているのではなく

お尻(骨盤)を前後に動かしている、動作です。

 

そして、お尻(骨盤)を動かしているのは

実は「お腹」です。

 

ですから、腰を捻るように歩くというよりか

「お腹を捻じる」ということを意識した歩き方をすれば

お腹周りの腹斜筋や大腰筋を使うことになります。

 

腹斜筋はウェストの「くびれ」を

大腰筋は「下腹」を凹ませてくれます。

 

しっかり腕を振って、お腹を捻じって歩いてみて下さい!

ーーーーーーーーーーーー

パーソナルでウォーキング・競歩・ランニング(競歩式)を習ってみませんか?

自分の目的・体力に合ったエクササイズ+ウォーキングをして

効率よく目標にたどり着きましょう!

 

医者から運動を勧められているが、疾患がある、膝が痛いという方も

諦めずに身体への負担を小さくする身体の使い方をトライしてみましょう

#くびれを作る #下腹を凹ます #ウォーキングでダイエット #ウォーキングのためのエクササイズ #寒さ対策 #ウォーキング #膝痛 #楽に歩く #早く歩く #競歩 #ウォークからランにつなげる

#マラソン完走 #誰でも出来るマラソン完走 #マラソン #健康増進 #体力アップ #後期高齢者

#パーキンソン病 #ストライドを広げる #回転数を作る #運動 #ウォーキングフォーム #フォームチェック

#サプリメント #ジョグ歩 #jog歩 #室内でも出来るウォーキングトレーニング

Follow me!

関連記事

  1. 50㎞競歩世界記録保持者が「金メダル」をとるために変えたこととは…
  2. 新型コロナ第2波に備えよう、買い占めなくても備える方法
  3. 歩いてるの?走っているの?誤解されないウォーキングの仕方
  4. 寒い時期のウォーキング、まずは腕を大きく回すことから始めよう
  5. 【レポート】2017年4月 ウォーキング講習会in浦和
  6. 「競歩愛に満ちたTV解説とその背景 ~オリンピック競歩解説者・柳…
  7. 競歩でベントニー(膝曲がり)の反則をしないために、気を付けたいこ…
  8. 日本人で初めて競歩で五輪入賞を果たした選手が引退します。
PAGE TOP
PAGE TOP