ブログ

夏場のウォーキング・トレーニング。1時間で身体に吸収できる水分量は、どれくらいかというと、、、

一般的な成人であれば、15~20分毎に吸収できる水分は170~240ml

つまり、1時間で体内に吸収できる量は0.7Lでしかありません。

 

逆に、体内から汗として1時間で発汗する量は1.2~1.5Lまで達する場合があります

(あくまでも激しい運動をしている場合です)

 

つまり、どんなにしっかりと給水を摂っていたとしても

運動によっては、最小でも500g体重が減っていってしまいます。

 

90分も動けば750gの体重減少

給水を摂っていたとしても、脱水の初期状態になっていきます。

 

少しでも脱水の状態を防ぐために、少なくとも15分に1回は給水を意識して摂っていくことは

この時期に重要なことでしょう。

 

 

 

少しでも、この世界状況の中、何かできればと、当分以下のリンクを載せていきたいと思います

「WorldVision」1950年に設立された世界最大級のNGO団体です。

https://www.worldvision.jp/donate/ukraine.html?banner_id=15006sp?banner_id=15006pc

ーーーーーーーーーー

パーソナルで【ウォーキング】【競歩】【ランニング(競歩式)】を習ってみませんか?

自分の目的・体力に合ったエクササイズ+ウォーキングをして

効率よく目標にたどり着きましょう!

 

医者から運動を勧められているが、疾患がある、膝が痛いという方も

諦めずに身体への負担を小さくする身体の使い方をトライしてみましょう

 

ぜひ、パーソナルを検討される方は以下のブログも参考にしてみて下さい

https://www.bell-dental.com/news/suzuki/2022/03/11/kyouho/

#熱中症対策 #水分補給 #時速7㎞ウォーキング #速歩 #東京エクストリームウォーク #パーソナルトレーナー #ウォーキングトレーナー #皇居ラン #皇居ウォーキング #ウォーキングでダイエット #免疫力 #寒さ対策 #ウォーキング #膝痛 #楽に歩く #早く歩く #競歩 #ウォークからランにつなげる #マラソン完走 #誰でも出来るマラソン完走 #マラソン #健康増進 #体力アップ #後期高齢者 #パーキンソン病 #ストライドを広げる #回転数を作る #運動 #ウォーキングフォーム #フォームチェック #サプリメント #ジョグ歩 #jog歩 #室内でも出来るウォーキングトレーニング

Follow me!

関連記事

  1. 身体を動かすために持ちたい「極意」
  2. LT値(乳酸性作業閾値)を知ることは自分を知ること
  3. ウォーキングでのカーブの曲がり方
  4. 100kmウォーク UWTTで自己記録を3時間縮めることは可能
  5. 【ウォーキング】で「痛み」を我慢して歩かない方が良い3つの理由
  6. 少人数!フォーム動画チェック! ウォーキング&競歩講習会in代々…
  7. ウォーキング や 競歩で初心者でも良く分かる、身体の使い方の比較…
  8. 「全速力で歩いてみる」を練習しよう
PAGE TOP
PAGE TOP