ブログ

昨夜の日本選手権10000m大会の勝敗を分けた腕振り

ホンダの伊藤選手が見事なスパートで

東京五輪日本代表を決めました。

相手が大学生と考えると当然の結果とは思いますが

ラスト500mからの見事なスパートでした。

 

あくまでも「スピードを出す」という観点でみると

やはり腕振りは重要です。

伊藤選手の腕振りは他の2名と比べても

コンパクトで、肩の前後ブレも抑えられいます。

速いピッチを作れるので、一気の加速を出来るのは納得のフォームです。

※YouTube26’00あたりです。

 

伊藤選手よりもコンパクトな腕振りをした選手もいましたが。。。

1位でゴールしたケモイ選手(愛三工業)。

 

けっこう出来そうで難しい、抱える腕振り。

ピッチが上がらないウォーカーにも試してみて欲しいです。

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキング 競歩 でもトレーニング後の体重減少は2%に抑えよう…
  2. 2007年世界陸上大阪大会 山崎選手への誤誘導事件 競歩のテレビ…
  3. ウォーキング・競歩で 身体の使い方の感覚を合わせる、難しさと楽し…
  4. 肌寒くなってきた、この時期にまずは軽いウォンドブレーカーを揃えよ…
  5. つま先を上げる と かかと着地の違い
  6. 速く歩けている、という誤解を生むもの そして、60代膝が内側に曲…
  7. 時速12㎞でウォーク 歩きながら考えた、もっと速く歩くためにした…
  8. 理学療法とスポーツの融合 前編
PAGE TOP
PAGE TOP