ブログ

昨夜の日本選手権10000m大会の勝敗を分けた腕振り

ホンダの伊藤選手が見事なスパートで

東京五輪日本代表を決めました。

相手が大学生と考えると当然の結果とは思いますが

ラスト500mからの見事なスパートでした。

 

あくまでも「スピードを出す」という観点でみると

やはり腕振りは重要です。

伊藤選手の腕振りは他の2名と比べても

コンパクトで、肩の前後ブレも抑えられいます。

速いピッチを作れるので、一気の加速を出来るのは納得のフォームです。

※YouTube26’00あたりです。

 

伊藤選手よりもコンパクトな腕振りをした選手もいましたが。。。

1位でゴールしたケモイ選手(愛三工業)。

 

けっこう出来そうで難しい、抱える腕振り。

ピッチが上がらないウォーカーにも試してみて欲しいです。

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキング初心者がおこないたい、ウォーキングで股関節を使う!を…
  2. ウォーキング 競歩 メンタルとパフォーマンスは一体です。
  3. ウォーカーズ 本放送決定! 観るポイントは???
  4. テン6ウォーキング無事に終了! 2018年1月開催
  5. 勝利の条件(NHK-BS1) 再放送、決まりました!
  6. TJARが台風の影響で中止に! 2年に1回、日本を自力で縦断する…
  7. 熱中症のリスクは運動経験者でも高まります
  8. ウォーキングを始めようとする人が、意識したい下半身の身体を動かす…
PAGE TOP
PAGE TOP