BLOG

ウォーキングブログ

競歩の歩き方をウォーキングに活かす「連動」とは?

「連動」とは、骨盤を軸として

上半身と下半身を動かすことです。

右手を動かせば、左足が動き

左手が動けば、右足が動く。

これが、直接、「手」から「足」に信号が行くのではなく

骨盤を介して、行く動作と言って良いでしょう。

 

ウォーキングだけの意識をしてしまうと

この連動が出来ません。

足だけを動かす、腕だけを動かす、そうなると動作がバラバラです

 

このバラバラにならないように、するのが骨盤の役目

以下の動画の、1:02くらいから始まる、スローまでの一連の流れを確認して

腕と足が、腰を使って連動がされているのを確認してみて下さい!

Follow me!

関連記事

  1. 今井さんの報告会を終えて、、、570㎞を歩くということ
  2. #Voicy 膝痛の方が意識したい、歩き方
  3. 東京エクストリームウォーク 女性参加者がぜひやっておきたい「お肌…
  4. 坂道を上手に歩こう!ウォーキング技術を磨こう
  5. ウォーキング や競歩で、スムーズに身体を前に押し出すためにやりた…
  6. 【早く歩く、テクニック】手前に足を引き戻しながら着地する
  7. ウォーキング初心者がのんびり長距離を歩くときに気を付けたいこと。…
  8. 100km をウォーキングすることで大事なこと
<<
PAGE TOP