ブログ

競歩の歩き方をウォーキングに活かす「連動」とは?

「連動」とは、骨盤を軸として

上半身と下半身を動かすことです。

右手を動かせば、左足が動き

左手が動けば、右足が動く。

これが、直接、「手」から「足」に信号が行くのではなく

骨盤を介して、行く動作と言って良いでしょう。

 

ウォーキングだけの意識をしてしまうと

この連動が出来ません。

足だけを動かす、腕だけを動かす、そうなると動作がバラバラです

 

このバラバラにならないように、するのが骨盤の役目

以下の動画の、1:02くらいから始まる、スローまでの一連の流れを確認して

腕と足が、腰を使って連動がされているのを確認してみて下さい!

Follow me!

関連記事

  1. 一般的なウォーカーは膝を伸ばすのが苦手ですが、伸ばした方がメリッ…
  2. 動画で片麻痺の方から学ぶ、障害の無い方もぜひ意識したい、ウォーキ…
  3. その2 長時間ウォーキングすると、脚(足)が痛くなるという方へ …
  4. 誰かに押してもらってウォーキングしていたら?どんな姿勢だと進みや…
  5. 1時間くらいのウォーキングで「ふくらはぎ痛」になる、を改善する
  6. パーソナルトレーニングで驚かれること
  7. 【ウォーキング】更に!速くウォーキングするための歩き方 応用編 …
  8. 競歩の上達で大切な事、「言葉に出来る」ということは、間違った動き…
PAGE TOP
PAGE TOP