ブログ

競歩の歩き方をウォーキングに活かす「連動」とは?

「連動」とは、骨盤を軸として

上半身と下半身を動かすことです。

右手を動かせば、左足が動き

左手が動けば、右足が動く。

これが、直接、「手」から「足」に信号が行くのではなく

骨盤を介して、行く動作と言って良いでしょう。

 

ウォーキングだけの意識をしてしまうと

この連動が出来ません。

足だけを動かす、腕だけを動かす、そうなると動作がバラバラです

 

このバラバラにならないように、するのが骨盤の役目

以下の動画の、1:02くらいから始まる、スローまでの一連の流れを確認して

腕と足が、腰を使って連動がされているのを確認してみて下さい!

Follow me!

関連記事

  1. 身長が低くても時速7.5㎞でウォーキングすることは可能です。
  2. 「ストロール」 初心者のための競歩のトレーニング youtube…
  3. 雪でウォーキングは出来ない…という皆さんおススメのトレーニング
  4. ウォーク、小さな(狭い)歩幅で、時速7㎞以上を楽に出す練習
  5. ウォーキング初心者がのんびり長距離を歩くときに気を付けたいこと。…
  6. 世界記録保持者が語る、競歩選手に必要な最も能力とは?
  7. 休止中のメール通信でのトレーニングアドバイスメールから読み解く、…
  8. ウォーキング・ランニング・競歩、【長い距離・長い時間の運動に強く…
PAGE TOP
PAGE TOP