ブログ

競歩の速く歩く技術を使って、パーキンソン病の方に歩いてもらいました

以前のブログでもご紹介させて頂いた内容です。

パーキンソン病を患って

歩幅が狭くなり、歩くという事が上手に出来なくなりました

 

ですが、競歩の効率よく歩く技術を意識することにより

歩行がスムーズになっています

黒いズボンが、「歩く技術」を身に着けたあと

白いズボンがトレーニング始めたころです。

腕の振り方、歩幅は歴然です。

 

歩くのが苦手な方。

いつまでも自分の足で好きなところに行ける!

そのために、「歩く技術」を習ってみて下さい

 

パーソナルでウォーキングを習ってみませんか?

躓き難くなる、身体を上手に使えて歩く・走るが楽になる、

変形性関節症でもスポーツが楽しめる

いつまでも自分の足で歩いていられる!

ウォーク・競歩・ラン・マラソン!人生を自分の身体と楽しんでいきましょう!

 

Follow me!

関連記事

  1. 今のウォーキングフォームが本当に身体を上手に使えているのかどうか…
  2. ウォーキング 競歩 でもトレーニング後の体重減少は2%に抑えよう…
  3. 寒い時期に悩ます、、、鼻水問題
  4. 企業スポーツのスポーツ支援には限界がある だからこそ自分たちで歩…
  5. 【健康ウォーキング】《気持ちが元気になる!》ウォーキングで幸せホ…
  6. 大阪 講習会で思い出す 給水を奪われ事件と初解説会場は同じ
  7. 競歩講習会 チャリティーで開催! 入金のご報告
  8. 昨夜の日本選手権10000m大会の勝敗を分けた腕振り
PAGE TOP
PAGE TOP