ブログ

競歩の速く歩く技術を使って、パーキンソン病の方に歩いてもらいました

以前のブログでもご紹介させて頂いた内容です。

パーキンソン病を患って

歩幅が狭くなり、歩くという事が上手に出来なくなりました

 

ですが、競歩の効率よく歩く技術を意識することにより

歩行がスムーズになっています

黒いズボンが、「歩く技術」を身に着けたあと

白いズボンがトレーニング始めたころです。

腕の振り方、歩幅は歴然です。

 

歩くのが苦手な方。

いつまでも自分の足で好きなところに行ける!

そのために、「歩く技術」を習ってみて下さい

 

パーソナルでウォーキングを習ってみませんか?

躓き難くなる、身体を上手に使えて歩く・走るが楽になる、

変形性関節症でもスポーツが楽しめる

いつまでも自分の足で歩いていられる!

ウォーク・競歩・ラン・マラソン!人生を自分の身体と楽しんでいきましょう!

 

Follow me!

関連記事

  1. RWランニング (競歩式ラン)
  2. 委嘱状が2通、届きました。
  3. 高校生応援!高校生の競歩選手がやっておきたいトレーニング①
  4. 世界陸上ドーハ大会 データから見るメダル獲得の必須条件!男子20…
  5. 練習時間が少なくても、サブ4でマラソンを走るために大切な3つのこ…
  6. アスリートが好条件でレースが出来ることなんてほとんどない。だから…
  7. 【レポート】ウォーキング&競歩講習会in大阪① 2017年4月
  8. 速く歩いて、走っている人を抜こうとしたときに気を付けていたこと
PAGE TOP
PAGE TOP