ブログ

競歩の速く歩く技術を使って、パーキンソン病の方に歩いてもらいました

以前のブログでもご紹介させて頂いた内容です。

パーキンソン病を患って

歩幅が狭くなり、歩くという事が上手に出来なくなりました

 

ですが、競歩の効率よく歩く技術を意識することにより

歩行がスムーズになっています

黒いズボンが、「歩く技術」を身に着けたあと

白いズボンがトレーニング始めたころです。

腕の振り方、歩幅は歴然です。

 

歩くのが苦手な方。

いつまでも自分の足で好きなところに行ける!

そのために、「歩く技術」を習ってみて下さい

 

パーソナルでウォーキングを習ってみませんか?

躓き難くなる、身体を上手に使えて歩く・走るが楽になる、

変形性関節症でもスポーツが楽しめる

いつまでも自分の足で歩いていられる!

ウォーク・競歩・ラン・マラソン!人生を自分の身体と楽しんでいきましょう!

 

Follow me!

関連記事

  1. 報道されないなら、どうすれば良いのか考える
  2. マラソン日本記録保持者を習えば、速くなるというのは間違いです
  3. 寒くても血圧のために歩きましょう!NHKは影響力大
  4. マスクは高地トレーニングの代わりになるか?
  5. 競歩2大会連続五輪出場 藤澤 勇選手の引退、に想う
  6. ウォーキング中級者以上が気を付けたい、ブレーキを掛けて歩かないこ…
  7. 競歩初心者、競歩にやってみたい!思っている方への無料WEBイベン…
  8. 東京五輪 競歩開催まで残り1か月
PAGE TOP
PAGE TOP