ブログ

競歩の速く歩く技術を使って、パーキンソン病の方に歩いてもらいました

以前のブログでもご紹介させて頂いた内容です。

パーキンソン病を患って

歩幅が狭くなり、歩くという事が上手に出来なくなりました

 

ですが、競歩の効率よく歩く技術を意識することにより

歩行がスムーズになっています

黒いズボンが、「歩く技術」を身に着けたあと

白いズボンがトレーニング始めたころです。

腕の振り方、歩幅は歴然です。

 

歩くのが苦手な方。

いつまでも自分の足で好きなところに行ける!

そのために、「歩く技術」を習ってみて下さい

 

パーソナルでウォーキングを習ってみませんか?

躓き難くなる、身体を上手に使えて歩く・走るが楽になる、

変形性関節症でもスポーツが楽しめる

いつまでも自分の足で歩いていられる!

ウォーク・競歩・ラン・マラソン!人生を自分の身体と楽しんでいきましょう!

 

Follow me!

関連記事

  1. 血圧を下げる、骨密度を上げる そのためにウォーキングは非常に効果…
  2. 子供・孫の後ろ姿に学ぶ 競歩はウォーキングの延長線上???
  3. 天才は、なぜ?自分は天才なのか、と考えた瞬間に凡人になる
  4. 行橋別府100㎞が中止になって届いたメール
  5. 箱根駅伝予選会2019 33年連続出場が途断える
  6. 競歩のモーションキャプチャーから分かること④ 競歩の「速さ」「楽…
  7. ウォーキング 時速7.4kmで歩く 変形膝関節症 女性 66才
  8. 競歩は、簡単で難しい
PAGE TOP
PAGE TOP