ブログ

ウォーキング ラン 競歩で、蹴らないで進むために活用したい位置エネルギー 位置エネルギーを邪魔するもの

ちょっと小難しい話ですが、

「蹴る」という動作を無意識的にするためには

位置エネルギーを活用する必要があります。

 

前傾姿勢をすれば、「前に倒れようとする力」が位置エネルギーです。

 

しかし、

位置エネルギーを作るのに邪魔をする動作をしてしまったり、

せっかく位置エネルギーを作れても、それを邪魔する動作をしてしまっている方を

多く見かけます

これをしては、位置エネルギーをうまく活用できず、

結局、脚筋力に頼らなければいけなくなります。

 

位置エネルギーを邪魔する動作としては、「上下動が大きな動き」

位置エネルギーを使って進み続けるには、常に倒れ続けている感じです。

上下の動きが大きくなってしまえばしまうほど、倒れようとする重心にブレーキを掛けてしまいます

 

そして、

位置エネルギーを作った後に、

そのエネルギーを活用して前に進むのにブレーキを掛けてしまうのが

「大きな足の踏み出し」です。

重心をスムーズに移動させていくことが、大事です。

 

言葉にするとなかなか小難しくなりますが(苦笑)

気を付けてみて下さい

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキングでスピードが落ち始める最初の兆候
  2. ウォーキングで重要なのは、足ではありません
  3. 祝10,000回再生突破!「初心者向け ウォーキング 時速7㎞歩…
  4. ウォーキングのスピードが出れば出るほど気を付けたいこと
  5. 時速7㎞以上 時速8㎞で10㎞を歩く 【70代男性フォームを動画…
  6. YouTube動画、ウォーキングplus競歩で最近、圧倒的に見ら…
  7. 足には左右差がある、のは普通の事です。
  8. 100kmウォークでマメが出来て足が痛くなった時、どうする?
PAGE TOP
PAGE TOP