BLOG

ウォーキングブログ

ウォーキング ラン 競歩で、蹴らないで進むために活用したい位置エネルギー 位置エネルギーを邪魔するもの

ちょっと小難しい話ですが、

「蹴る」という動作を無意識的にするためには

位置エネルギーを活用する必要があります。

 

前傾姿勢をすれば、「前に倒れようとする力」が位置エネルギーです。

 

しかし、

位置エネルギーを作るのに邪魔をする動作をしてしまったり、

せっかく位置エネルギーを作れても、それを邪魔する動作をしてしまっている方を

多く見かけます

これをしては、位置エネルギーをうまく活用できず、

結局、脚筋力に頼らなければいけなくなります。

 

位置エネルギーを邪魔する動作としては、「上下動が大きな動き」

位置エネルギーを使って進み続けるには、常に倒れ続けている感じです。

上下の動きが大きくなってしまえばしまうほど、倒れようとする重心にブレーキを掛けてしまいます

 

そして、

位置エネルギーを作った後に、

そのエネルギーを活用して前に進むのにブレーキを掛けてしまうのが

「大きな足の踏み出し」です。

重心をスムーズに移動させていくことが、大事です。

 

言葉にするとなかなか小難しくなりますが(苦笑)

気を付けてみて下さい

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキングのスピードが出れば出るほど気を付けたいこと
  2. 競歩での失格は、レベルアップのサイン 「競歩を難しい」という言葉…
  3. 時速7㎞以上でウォーキングするための、シンプルな基礎トレ 【基本…
  4. ”速く歩こうと思ったら、足の存在を忘れてました”変形膝関節症の方…
  5. ウォークでランのフォームを整える ランより左右を整えやすい理由
  6. #ウォーキング で #膝が痛くなる、どのタイミングで痛くなりま…
  7. 100kmをウォーキングで完歩するための呪文
  8. 時速7㎞ウォークにチャレンジしてみよう!
<<
PAGE TOP