BLOG

ウォーキングブログ

ウォーキング 競歩 でもトレーニング後の体重減少は2%に抑えよう

昔から、汗をかなり掻きます。

 

大学生のころ、陸上長距離部のメンバーと各自練習後に

集まったあとに

「どこの川に落ちてきた?」

っと聞かれるほど。

 

1Lのペットボトルを浴びると、かなりの水分量なのが分かります

ですから、仮にトレーニング後に体重が2㎏減るというのは、

それだけのものが失われている、というのがよく分かります

 

スポーツ科学の世界では、体重減少が2%以上となると

パフォーマンスが落ちるといわれています。

ですから、体重が2%以上にならないように気を付けましょう

 

そのための、大事なポイントは「給水」

 

給水を意識して、体重減にならないように気をつけください

 

飲みすぎると「胃がぽちゃぽちゃ音がする」

という吸収不良の方は

「給水の量と質」に気を付けましょう

 

スポーツドリンクを薄めたもの、

一度に飲む量を少なくして、回数は増やす、など。

 

まだまだ、残暑が厳しいのでしっかり対処していきましょう!

Follow me!

関連記事

  1. 歩いてサブ4をするために必要なこと
  2. 競歩の魅力って何ですか? これから私が良く聞かれる質問の1つ、そ…
  3. 真っ赤なシャンプー事件
  4. ウォーキング・ランニング愛好家が、トップアスリートの「真似できる…
  5. テン6ウォーク 2023年7月
  6. 大阪開催が近づく!
  7. 緑薫新宿-東京ロード
  8. ダイエットでスタイルを作る 競歩は下腹を凹ますのに良い理由
<<
PAGE TOP