ブログ

ウォーキング 競歩 でもトレーニング後の体重減少は2%に抑えよう

昔から、汗をかなり掻きます。

 

大学生のころ、陸上長距離部のメンバーと各自練習後に

集まったあとに

「どこの川に落ちてきた?」

っと聞かれるほど。

 

1Lのペットボトルを浴びると、かなりの水分量なのが分かります

ですから、仮にトレーニング後に体重が2㎏減るというのは、

それだけのものが失われている、というのがよく分かります

 

スポーツ科学の世界では、体重減少が2%以上となると

パフォーマンスが落ちるといわれています。

ですから、体重が2%以上にならないように気を付けましょう

 

そのための、大事なポイントは「給水」

 

給水を意識して、体重減にならないように気をつけください

 

飲みすぎると「胃がぽちゃぽちゃ音がする」

という吸収不良の方は

「給水の量と質」に気を付けましょう

 

スポーツドリンクを薄めたもの、

一度に飲む量を少なくして、回数は増やす、など。

 

まだまだ、残暑が厳しいのでしっかり対処していきましょう!

Follow me!

関連記事

  1. 東京五輪 競歩中継を見て、競歩をやってみたい!っと思ったランナー…
  2. この広告見出しは、いくらなんでも…
  3. スポーツドリンクは薄めた方が良いの?
  4. 体力を戻したい!という方、無理なくウォーキングから始めてみましょ…
  5. UWTT(100kmウォーキングタイムトライアル)コース動画
  6. 医療従事者からのお尻も脚だと思って歩くときの身体の使い方のアプロ…
  7. 4年前の失敗をバネに。
  8. 【ウォーキング ダイエット】ウォーキング でのダイエットで目標と…
PAGE TOP
PAGE TOP