ブログ

ウォーキング 競歩で、スピードを出すためにしたい、「脇を絞める」というフォーム

改めて、東京五輪の競歩を見ていると

圧倒的に「脇を絞めて(閉じて)」いる選手が多いのが目につきます

 

もちろん、「脇の空く(開く)」選手もいますが

ほとんどが脇を絞めています。

 

競歩では、「ラン」と違ってしっかりと腕を前後に振ります。

そうなると、どうしても腕振りの遠心力が働き

上体が左右にブレやすくなります。

 

だからこそ、腕振りの遠心力で上体が振られないためにも

直線的な腕振りをすることで、腕振りに無駄な軌道を生み出さないためにも

「脇を絞める」ということを

腕振りで意識するのはスピードを出すためにも

楽に歩くためにも、とても重要なことになります

Follow me!

関連記事

  1. リラックスして脚を前に出す感覚を、ゴルフで例えると。。。
  2. ウォーキングでも意識したい、50km競歩日本記録更新した鈴木選手…
  3. 【骨盤を使う技術】ランに活かしてみよう!
  4. 100kmウォーク UWTTで自己記録を3時間縮めることは可能
  5. 競歩でフォームの感覚が狂ったとき(不調になった)、心がけたいこと…
  6. 東京エクストリームウォーク100㎞ 完歩おめでとうございます!
  7. 【ウォーキング】【競歩】で、体重を利用して歩こう
  8. 低酸素ルームでのトレーニングは効果があるか?高地トレーニングを繰…
PAGE TOP
PAGE TOP