BLOG

ウォーキングブログ

ウォーキング 競歩で、スピードを出すためにしたい、「脇を絞める」というフォーム

改めて、東京五輪の競歩を見ていると

圧倒的に「脇を絞めて(閉じて)」いる選手が多いのが目につきます

 

もちろん、「脇の空く(開く)」選手もいますが

ほとんどが脇を絞めています。

 

競歩では、「ラン」と違ってしっかりと腕を前後に振ります。

そうなると、どうしても腕振りの遠心力が働き

上体が左右にブレやすくなります。

 

だからこそ、腕振りの遠心力で上体が振られないためにも

直線的な腕振りをすることで、腕振りに無駄な軌道を生み出さないためにも

「脇を絞める」ということを

腕振りで意識するのはスピードを出すためにも

楽に歩くためにも、とても重要なことになります

Follow me!

関連記事

  1. 速く歩いて、走っている人を抜こうとしたときに気を付けていたこと
  2. ウォーキング 競歩で片脚に重心をしっかりと載せると起こる現象
  3. 高価なサプリメントは「効く」のか?
  4. YouTube動画UPしました! 理学療法士監修 #変形性膝関節…
  5. 誰もが速く歩けます 67歳 女性でも1㎞を8分10秒で「歩く」
  6. 「軽快にウォーキング」そのために必要なこと!軽快にウォーキング出…
  7. 競歩選手の100㎞10時間切りを、100㎞ウォーカーはどう参考に…
  8. ランとウォーキングでは回転数(ピッチ)の作り方が違う を理解しよ…
<<
PAGE TOP