ブログ

【ウォーキング】【競歩】で、体重を利用して歩こう

歩くのには体重が必要です。

もちろん、重すぎてしまうと進みにくくなりますが・・・

 

前に進むと言うことに体重を利用するっという、感覚で歩ければ

筋力だけで歩くことにならないので、楽に歩けやすくなります

それに体重が載るからこそ、力が地面に伝わり進みます。

 

自転車を漕いでいて

坂道だとか、強い風の日、進み難い状況だったり、

スピードを上げたいとき

自転車だと立ちこぎで、体重をかけてペダルを漕ぐことがあるかと思います

ペダルに重心が載って、筋力だけではなくペダルがこげる

 

歩く、でも「体重を使う」はとても大切です

 

体重を使って、歩いてますか?

 

パーソナルでウォーキングを習ってみませんか

自分の目的・体力に合ったウォーキングをして

効率よく目標にたどり着きましょう!

 

 

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキング・競歩で、リズムよく歩くために気を付けたいこと
  2. インターハイが無くなり、次に目指したい高校生の大会 WEB競歩講…
  3. 歩くこと(ウォーク)の本当の楽しさを脚は教えてくれる
  4. ウォーキング初心者がのんびり長距離を歩くときに気を付けたいこと。…
  5. 骨盤で衝撃を吸収し身体を「くの字」に曲げる、「勝利の条件」で紹介…
  6. 【健康ウォーキング】上下動させないことは、身体への負担を小さくす…
  7. 身体の疲労を回復させる2大要素
  8. 競歩 骨盤(腰) の使い方 重心を載せて休め!
PAGE TOP
PAGE TOP