ブログ

【ウォーキング】【競歩】で、体重を利用して歩こう

歩くのには体重が必要です。

もちろん、重すぎてしまうと進みにくくなりますが・・・

 

前に進むと言うことに体重を利用するっという、感覚で歩ければ

筋力だけで歩くことにならないので、楽に歩けやすくなります

それに体重が載るからこそ、力が地面に伝わり進みます。

 

自転車を漕いでいて

坂道だとか、強い風の日、進み難い状況だったり、

スピードを上げたいとき

自転車だと立ちこぎで、体重をかけてペダルを漕ぐことがあるかと思います

ペダルに重心が載って、筋力だけではなくペダルがこげる

 

歩く、でも「体重を使う」はとても大切です

 

体重を使って、歩いてますか?

 

パーソナルでウォーキングを習ってみませんか

自分の目的・体力に合ったウォーキングをして

効率よく目標にたどり着きましょう!

 

 

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキングで、「腕を振る」ときに大事にしたい感覚
  2. 必要な歩幅はどれぐらい??? 時速7㎞で10㎞をウォーキングする…
  3. テン6ウォーク 2021年9月
  4. 一般のランナー・ウォーカーがトップアスリートから《学んだ方が良い…
  5. 時速8㎞ ウォーキングの歩き方 早く歩いて走っている人を抜いてみ…
  6. 【ウォーキング初級レベル】の皆さん、ご自身の歩くフォームを動画で…
  7. ウォークでランのフォームを整える ランより左右を整えやすい理由
  8. 1月17日のLive配信反省会(忘備録的に)
PAGE TOP
PAGE TOP