ブログ

【ウォーキングで出来ること】健康格差を少なくするために、ウォーキングしよう

70歳前後の方をサポートすることが15年前から多かったです。

大学の研究センターでは、近隣の低体力の方を募集して

トレーニングのサポートしてきました。

 

そこで感じたのは、「健康格差」

同じ70歳でも、

スポーツを楽しむ方もいれば

杖を使いながら歩く方もいます。

 

医療が発達し、「生きる」ということが長くなりました。

この素晴らしい「生きる」ということを

享受するためには「健康」は必要条件だと思います。

 

準備は早ければ早いほど、良いのですが

多くの方は「健康を害する何か?」が起こらないと

健康の大切が気が付かないのが、実情です。

 

それはこれまでもそうでしたが、これまでもきっと変わらないでしょう

だからこそ、健康のためにスポーツをする、

のではなく

【人生を楽しむためにスポーツをする】

これが結果として、多くの方を健康にする、と思っています

 

 

パーソナルでウォーキング・競歩・ランニング(競歩式)を習ってみませんか?

自分の目的・体力に合ったウォーキングをして

効率よく目標にたどり着きましょう!

 

医者から運動を勧められているが、疾患がある、膝が痛いという方も

諦めずに身体への負担を小さくする身体の使い方をトライしてみましょう

 

 

Follow me!

関連記事

  1. 100kmウォーク攻略講習会 100km11時間台ウォーカーが装…
  2. 今年もお世話になりました! コロナ禍で想ったこと
  3. ウォーキングのときに、おすすめの道の色
  4. ウォーキング や 競歩で つま先を挙げてかかと着地をしようとする…
  5. 履いて試してみれば分かります。マラソンで厚底ブームですが、ウォー…
  6. ウォーキング で バランスが悪いと感じる方が気を付けたいこと
  7. ウォーク・ランで自分がどこに足を着地できているか把握できてますか…
  8. ウォーキング、膝下の振り出しが難しい。福岡 最後の講習会を向けて…
PAGE TOP
PAGE TOP