ブログ

【ウォーキング】ご自身のウォーキングフォームを見たことはありますか?

ご自身のウォーキングフォームを動画に撮って観てみると

いろんな発見があると思います。

・頭の位置が上下に動いていたり

・腕振りが小さかったり

・腕を振っていたとしても、肘から下だけでしか振っていなかったり

・膝が大きく曲がっていたり

・腰が落ちていたり

・背中が丸まっていたり

・顔だけが前に出てしまっていたり

・極端に蟹股だったり

・極端に内股だったり

・上体が後ろに反っている

・腰が曲がっている

・腕振りの脇が開いている

・左右差がある

などなど、、、

 

フォームは、

・早く歩けない原因

・身体を痛めしまう原因

・疲れやすい原因

様々な原因を教えてくれます。

 

ウォーキング向けの動画フィードバック付きの講習会をやります

興味のある方はぜひ参加してみて下さい

【ウォーキング初級者向け】動画フィードバック付き 体力に自信が無い、ウォーキング超初心者向け、身体・関節への負担を少なくするウォーキング教室

ーーーーーーーーーーーー

パーソナルでウォーキング・競歩・ランニング(競歩式)を習ってみませんか?

自分の目的・体力に合ったエクササイズ+ウォーキングをして

効率よく目標にたどり着きましょう!

 

医者から運動を勧められているが、疾患がある、膝が痛いという方も

諦めずに身体への負担を小さくする身体の使い方をトライしてみましょう

#寒い時期 #寒さ対策 #ウォーキング #膝痛 #楽に歩く #早く歩く #競歩 #ウォークからランにつなげる

#マラソン完走 #誰でも出来るマラソン完走 #マラソン #健康増進 #体力アップ #後期高齢者

#パーキンソン病 #ストライドを広げる #回転数を作る #運動 #ウォーキングフォーム #フォームチェック

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキング 競歩で片脚に重心をしっかりと載せると起こる現象
  2. 大阪で競歩講習会&パーソナルしてきました。パーソナル受講者が感じ…
  3. 【マラソン完走】ウォーキングを効果的に使うコツ
  4. スポーツの上達は、運動神経ではありません。洞察力・表現力・再現力…
  5. ウォーキングで速いペースを維持するために腕振りを見直そう!
  6. ランによる膝への負担を、「競歩」の技術で減らす
  7. 【競歩】順位をつける、相手との勝負の分かれ目でしたいこと
  8. 初心者も参考にしたい時速8㎞のフォーム解説
PAGE TOP
PAGE TOP