ブログ

東京エクストリームウォーク 100㎞ウォーキングで気を付けたいフォームの作り方

東京エクストリームウォーク100㎞で気を付けたいフォームの作り方

長距離や長時間のウォーキングでは以下の点に気を付けたいです

・コンパクトに身体を使う

・無駄な動きを少なくする

・衝撃を極力小さくする

・脚筋力だけに頼らず重心を使って進む

 

長い距離をウォーキングするときには、とても大切なポイントです。

 

コンパクトに身体を使う

遠心力が起きてしまうと、身体がそれに振られてしまい身体の軸がブレやすくなってしまいます

 

無駄な動きを小さくする

コンパクトに身体を使うと近いですが、腕の振り方が上下になってしまったり、

膝の曲げ伸ばしが大きくて上下動が出てしまって、「進むこと」以外に体力を使わないようにする

これが大切です

 

衝撃を極力小さくする

着地の衝撃が大きければ大きいほど、ブレーキが掛かってしまって

スムーズに進まなくなります。せっかく作った前に進む力にブレーキを掛けないようにしましょう

 

脚筋力だけに頼らない。

皆さん、どうしても「足の力(脚筋力)だけで進もう」としてしまいます

重心を前に倒して、倒れる力を使えば身体は前に「身体の重さ(重心)」を使って進みます

 

長距離ウォークは体力勝負だからこそ、一歩一歩の効率を良くして

ウォーキングすることを意識しましょう

 

 

少しでも、この世界状況の中、何かできればと、当分以下のリンクを載せていきたいと思います

「WorldVision」1950年に設立された世界最大級のNGO団体です。

https://www.worldvision.jp/donate/ukraine.html?banner_id=15006sp?banner_id=15006pc

ーーーーーーーーーー

パーソナルで【ウォーキング】【競歩】【ランニング(競歩式)】を習ってみませんか?

自分の目的・体力に合ったエクササイズ+ウォーキングをして

効率よく目標にたどり着きましょう!

 

医者から運動を勧められているが、疾患がある、膝が痛いという方も

諦めずに身体への負担を小さくする身体の使い方をトライしてみましょう

 

ぜひ、パーソナルを検討される方は以下のブログも参考にしてみて下さい

https://www.bell-dental.com/news/suzuki/2022/03/11/kyouho/

#東京エクストリームウォーク #パーソナルトレーナー #ウォーキングトレーナー #皇居ラン #皇居ウォーキング #ウォーキングでダイエット #免疫力 #寒さ対策 #ウォーキング #膝痛 #楽に歩く #早く歩く #競歩 #ウォークからランにつなげる #マラソン完走 #誰でも出来るマラソン完走 #マラソン #健康増進 #体力アップ #後期高齢者 #パーキンソン病 #ストライドを広げる #回転数を作る #運動 #ウォーキングフォーム #フォームチェック #サプリメント #ジョグ歩 #jog歩 #室内でも出来るウォーキングトレーニング

Follow me!

関連記事

  1. 上半身と下半身の連動のために!
  2. ウォーキング 競歩で胴体の使い方
  3. ウォーキング・競歩で、歩き終わった後に「痛い」場所がある
  4. ウォーキングを向上させるトレーニング方法③ 良いフォームと悪いフ…
  5. ウォーキングを向上させるトレーニング方法⑤ 下り坂をつかう
  6. 夏場のウォーキング・トレーニング。1時間で身体に吸収できる水分量…
  7. パーソナルトレーニングで驚かれること
  8. 時速7㎞が決して難しいスピードではない理由
PAGE TOP
PAGE TOP