ブログ

日差しが弱くても、「しっかり給水」+休憩

日差しが弱くても、気温がそこそこあり、湿度がある場合は

熱中症のリスクが高まります。

ある意味、日差しがあってダラダラ汗を掻くとき以上に

気を付けなければなりません。

 

その理由は、「流れない汗」

ジワッと掻く汗はそのまま乾いてしまうと「汗腺」といって

汗を出す線をふさいでしまい、汗が流れにくくなります

そうなると上手く汗を体外に放出することが難しくなり

熱が身体に籠るようになります。

 

汗がしっかりと「流れる」ためにも、水分をしっかりと摂って

流れる汗になるようにするのは、パフォーマンスを低下させないためにも

大事なポイントです。

 

そして、体調に異変を感じたら無理をしない!

躊躇なく休憩しましょう!

 

 

少しでも、この世界状況の中、何かできればと、当分以下のリンクを載せていきたいと思います

「WorldVision」1950年に設立された世界最大級のNGO団体です。

https://www.worldvision.jp/donate/ukraine.html?banner_id=15006sp?banner_id=15006pc

ーーーーーーーーーー

パーソナルで【ウォーキング】【競歩】【ランニング(競歩式)】を習ってみませんか?

自分の目的・体力に合ったエクササイズ+ウォーキングをして

効率よく目標にたどり着きましょう!

 

医者から運動を勧められているが、疾患がある、膝が痛いという方も

諦めずに身体への負担を小さくする身体の使い方をトライしてみましょう

 

ぜひ、パーソナルを検討される方は以下のブログも参考にしてみて下さい

https://www.bell-dental.com/news/suzuki/2022/03/11/kyouho/

#熱中症対策 #水分補給 #時速7㎞ウォーキング #速歩 #東京エクストリームウォーク #パーソナルトレーナー #ウォーキングトレーナー #皇居ラン #皇居ウォーキング #ウォーキングでダイエット #免疫力 #寒さ対策 #ウォーキング #膝痛 #楽に歩く #早く歩く #競歩 #ウォークからランにつなげる #マラソン完走 #誰でも出来るマラソン完走 #マラソン #健康増進 #体力アップ #後期高齢者 #パーキンソン病 #ストライドを広げる #回転数を作る #運動 #ウォーキングフォーム #フォームチェック #サプリメント #ジョグ歩 #jog歩 #室内でも出来るウォーキングトレーニング

Follow me!

関連記事

  1. 高校生の全国大会に向けて インターハイ予選へ競歩で挑戦の際は、「…
  2. 気温が低い、、、ときのウォーキング・競歩で気を付けたいこと
  3. 1㎞をどれぐらいの速さでウォーキング出来ますか?
  4. 運動経験なく初マラソンで4時間35分への道のり
  5. テン6ウォーク 2021年8月開催
  6. パーキンソン病 しかし、諏訪湖1周ウォーキング達成
  7. ウォーキング講習会in塩谷 2回目のレポートをして頂きました!
PAGE TOP
PAGE TOP