ブログ

運動後の#アイシング やるべき?やらないべき?

運動後のアイシングは、関節の炎症を事前に防ぐのに有効な手段です。

痛みが無くても、

以前に怪我をしたことがある場所や、違和感を感じる場所には

アイシングをする選手は多いです。

肉離れをしたり、炎症などスポーツが起因するケガが起きたときに
「RICE」とい対処法が一般的でした
https://www.joa.or.jp/public/sick/condition/athletic_injury.html

アイシングをすることによって実はケガの回復が遅れるというマウス実験があり

アイシングが実は回復を遅らせる、という論文が出て、議論を呼んでいます
https://www.kobe-u.ac.jp/research_at_kobe/NEWS/news/2021_04_23_01.html
冷やしてしまうと筋再生が遅くなる、というのが理由です。

ですが、スポーツの現場はこの研究結果に懐疑的です。
それはマウス実験なので、マウスの外傷した部分だけを冷やそうとしても、マウスは小さいだけに
他の部分も冷やしてしまってマウス全体の体温も下がってしまっています。
その要因のが大きいと考えるスポーツ現場に近いスポーツ整形・学者も多いからです。

個人的にも、マウス実験だけで冷やさないを標準化するのは懐疑的です。

ただ、患部の冷やしすぎも良くないのは事実です。
やみくもに冷やさずにケースバイケースで正しく冷やしましょう

トレーニング後の回復を促すのも以下のアイシングの仕方を参考にすると良いでしょう

https://www.fff.or.jp/clinic-funabashi/ftopics.php?i=r5

ーーーーーーーーーー

パーソナルで【ウォーキング】【競歩】【ランニング(競歩式)】を習ってみませんか?

脚が悪くてうまく歩けない、ウォーキングから健康作りをしたい、

いきなりランニングがハードルが高い!

膝が痛くて走れないけど、ウォーキングだけだと物足りない!、という方も

自分の目的・体力に合ったエクササイズ+ウォーキングをして

効率よく目標にたどり着きましょう!

 

医者から運動を勧められているが、疾患がある、膝が痛いという方も

諦めずに身体への負担を小さくする身体の使い方をトライしてみましょう

 

ぜひ、パーソナルを検討される方は以下のブログも参考にしてみて下さい

https://www.bell-dental.com/news/suzuki/2022/03/11/kyouho/

#つまづき #転倒 #健康ウォーキング #厚底シューズ #ウォーキング #厚底シューズでウォーキング #ファストウォーキング #ストライド #歩幅を作る #時速7㎞ウォーキング #競歩 #ランニング #早歩き #体幹トレーニング #膝痛 #パーソナルウォーキング #ウォーキングトレーナー #サブ4 #サブ5 #歩いてランを抜く #テン6 #UWTT #ウォーキングコーチ #パーソナルトレーナー #膝が痛い #膝痛 #代々木公園

Follow me!

関連記事

  1. 東京エクストリームウォーク100㎞に向けて、今からしたい準備 左…
  2. 戦略的目標設定のススメ 自分の#ウォーキング ライフ・#ランニン…
  3. ウォーキング・競歩 腕振り の 重要性
  4. 日差しが弱くても、「しっかり給水」+休憩
  5. 東京エクストリームウォーク100㎞ 着用したい便利なウェア
  6. ダイエット効果を上げる ウォーキングの仕方!とは?
  7. ウォーキング 自分の足の「爪」の形状を意識して「指」を使う
  8. ウォーキングで、、、怪我がちの方へ 気を付けたいこと
PAGE TOP
PAGE TOP