ブログ

ウォーキング 競歩で 一歩進むごと、離される。 そのとき起きていることとは。

同じピッチ(回転数)なのに、一歩進むたびに離される。

これは確実にストライドが原因です。

競歩 骨盤が生むストライドはこんなにも有利に!

 

僅かに3㎝の違いであっても、ストライド(歩幅)の広い方とそうでない方とでは

1㎞進むと歩幅1mの方が1000歩でたどり着きますが

歩幅97㎝の方は1000歩だとまだ970m、30mの差がつきます。

 

マスターズの試合3㎞の試合に出たと仮定すると、90mの差が開きます。

陸上競技場の直線分は離される計算になります。

歩幅(ストライド)の過去ブログを2つ紹介します。

 

参考にしてみください

競歩のモーションキャプチャーから分かること①

 

自分の歩幅を知ることの重要性

Follow me!

関連記事

  1. ユニバーシアードで20km男子競歩!日本選手表彰台独占!
  2. 上半身と下半身をかみ合わせて歩けば6’57で1㎞は60代の女性で…
  3. 競歩 ウォーキングで「骨盤を立てる」ことがなぜ大事なのか?
  4. ウォーキングで太もも前を使わない!、意識出来ますか?
  5. 非常事態宣言直後の報道番組対する違和感
  6. 脳に効く ウォーキングの講演をします!
  7. テン6ウォーク 2021年8月開催
  8. 日本にスポーツ文化が根付き難い、ボランティアという美徳の難しさ
PAGE TOP
PAGE TOP