ブログ

ウォーキング 競歩で 一歩進むごと、離される。 そのとき起きていることとは。

同じピッチ(回転数)なのに、一歩進むたびに離される。

これは確実にストライドが原因です。

競歩 骨盤が生むストライドはこんなにも有利に!

 

僅かに3㎝の違いであっても、ストライド(歩幅)の広い方とそうでない方とでは

1㎞進むと歩幅1mの方が1000歩でたどり着きますが

歩幅97㎝の方は1000歩だとまだ970m、30mの差がつきます。

 

マスターズの試合3㎞の試合に出たと仮定すると、90mの差が開きます。

陸上競技場の直線分は離される計算になります。

歩幅(ストライド)の過去ブログを2つ紹介します。

 

参考にしてみください

競歩のモーションキャプチャーから分かること①

 

自分の歩幅を知ることの重要性

Follow me!

関連記事

  1. どんな人だって、「速く歩ける」ようになります
  2. ウォーキング初心者でも時速7㎞以上に挑戦できる簡単な練習方法
  3. ウォーキング 競歩 コーチをするということは「学び続けること」
  4. ドーピングしてる人はいませんか?
  5. 科学的にトレーニングをしよう
  6. レポート ナイトウォーク 東京タワーtoスカイツリー 2017年…
  7. 【ウォーキング早く歩く、コツ】 時速8㎞ウォーキングのため、思考…
  8. WEB番組がOA中とちょっとパーソナルの連絡
PAGE TOP
PAGE TOP