ブログ

競歩の歩き方 骨折した右足親指に負担を掛けないように歩いて、時速10㎞で歩いても平気だった件

昨日、このブログをアップしましたら

気が付いていなかった皆さんから驚いた!とのコメントを頂きました。

足を骨折してても、10㎞を歩く 気を付けていたこと くれぐれも真似はしないでください。

 

悪化することなく、6割がたくっついてきました

とのお医者様の言葉で変な自信を付けました(笑)

 

おそらく、つま先で強く地面を蹴っていたら

当然、母指球(足の親指付け根)には大きな負担が掛かり

悪化はしていたと思います。

ですが、昨日のブログでも書きましたが

気を付けていましたし、

そもそもつま先で地面を蹴る、という習慣が無いので

走っても、6分/㎞ペースで歩いても、「痛む」という事はまったくなかったです。

 

蹴り終わるのが早いので、(←これもブログで書きましたが)

指先はあくまでも地面に触れているだけ

 

地面を蹴ろうにも蹴れない状況でしたが

地面をつま先で蹴らなくても速く歩けることを証明出来て良かったです(笑)

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキング 腕振り 肘を曲げる 肘を伸ばす メリット デメリッ…
  2. TVの企画では結果として世界最速ウォーカーに勝った!
  3. パーキンソン病の方でも、楽に歩幅を広げる方法
  4. 五輪が近づき「競歩」が注目を浴びる中、初めて競歩を見る方にしって…
  5. 100km攻略講習会、無事に終了 ウォーク出身の主催者だからこそ…
  6. パーソナルの事を受講者の方がブログで紹介してくれてます!
  7. 雑誌のTarzan(現在発売中!!)に出てます
  8. 74才でもトレランで自己記録を雨の中でも出せた結果から学ぶ 心拍…
PAGE TOP
PAGE TOP