ブログ

競歩の歩き方 骨折した右足親指に負担を掛けないように歩いて、時速10㎞で歩いても平気だった件

昨日、このブログをアップしましたら

気が付いていなかった皆さんから驚いた!とのコメントを頂きました。

足を骨折してても、10㎞を歩く 気を付けていたこと くれぐれも真似はしないでください。

 

悪化することなく、6割がたくっついてきました

とのお医者様の言葉で変な自信を付けました(笑)

 

おそらく、つま先で強く地面を蹴っていたら

当然、母指球(足の親指付け根)には大きな負担が掛かり

悪化はしていたと思います。

ですが、昨日のブログでも書きましたが

気を付けていましたし、

そもそもつま先で地面を蹴る、という習慣が無いので

走っても、6分/㎞ペースで歩いても、「痛む」という事はまったくなかったです。

 

蹴り終わるのが早いので、(←これもブログで書きましたが)

指先はあくまでも地面に触れているだけ

 

地面を蹴ろうにも蹴れない状況でしたが

地面をつま先で蹴らなくても速く歩けることを証明出来て良かったです(笑)

Follow me!

関連記事

  1. 競歩での失格は、レベルアップのサイン 「競歩を難しい」という言葉…
  2. 医療従事者からのお尻も脚だと思って歩くときの身体の使い方のアプロ…
  3. もう一人、自分を増やす方法求む
  4. スピードアップのために「足は前に出さない!」っとパーソナルトレー…
  5. 忘年会のシーズンのウォーキング
  6. 【健康ウォーキング】《気持ちが元気になる!》ウォーキングで幸せホ…
  7. 70代女性が2日連続でテン6(時速6㎞で10㎞)で歩いた時に、心…
  8. 多くの方にこのサイトを知ってもらいたい っと思う
PAGE TOP
PAGE TOP