ブログ

ウォーキングでも、競歩でも、出来るだけ「小さくしたいこと」

出来るだけ、小さくしたい!

それは

「身体への負担」

 

身体への負担が大きいと、スタミナロスにつながります。

長い時間、歩くことが難しくなります。

 

ウォーキングであれば、

関節痛がある方だと、痛みにつながりやすく

痛みがなくとも、「痛みの種」を作ることになります。

 

負担が掛かりやすいのは「関節」

 

関節への負担は怪我につながりやすくなります。

負担はいろいろな種類の負担がありますが、

一番負担となるのは着地などから生まれる「衝撃」

 

この衝撃をどう少なくするすか?は大切なポイントになるでしょう

Follow me!

関連記事

  1. 時速7㎞が決して難しいスピードではない理由
  2. 時速8㎞で歩けるようになるためのストーリー 早く歩く、ために。足…
  3. ウォーキングや普段の歩行で「つまずきやすい」という方が勘違いして…
  4. ウォーキングを向上させるトレーニング方法⑥ 腕を回してウォーキン…
  5. ランをされている方が競歩に挑戦しようと思うときに「ウォーキング」…
  6. ウォーキングをレベルアップさせる「ビルドアップ」トレーニング
  7. ウォーキング・ランニングにお勧めしたい GARMINの時計
  8. 競歩・ウォーキング 順番が大事 歩幅のトレーニングをしてから、回…
PAGE TOP
PAGE TOP