ブログ

ウォーキングでも、競歩でも、出来るだけ「小さくしたいこと」

出来るだけ、小さくしたい!

それは

「身体への負担」

 

身体への負担が大きいと、スタミナロスにつながります。

長い時間、歩くことが難しくなります。

 

ウォーキングであれば、

関節痛がある方だと、痛みにつながりやすく

痛みがなくとも、「痛みの種」を作ることになります。

 

負担が掛かりやすいのは「関節」

 

関節への負担は怪我につながりやすくなります。

負担はいろいろな種類の負担がありますが、

一番負担となるのは着地などから生まれる「衝撃」

 

この衝撃をどう少なくするすか?は大切なポイントになるでしょう

Follow me!

関連記事

  1. 【競歩】順位をつける、相手との勝負の分かれ目でしたいこと
  2. ウォームアップの仕方のYouTube動画!ぜひ観て下さい。ヒント…
  3. お腹を使って歩こう!!!
  4. ウォーキングで上下動を小さくするために、気を付けたいこと
  5. 競歩 ウォーク ラン でペースを遅くすれば、楽になる?は本当か
  6. ウォーキング や競歩で、スムーズに身体を前に押し出すためにやりた…
  7. ウォーキング 競歩で、着地の衝撃を受け止める場所
  8. 居眠り運転ならぬ、居眠りウォーク(競歩)
PAGE TOP
PAGE TOP