BLOG

ウォーキングブログ

ウォーキングでも、競歩でも、出来るだけ「小さくしたいこと」

出来るだけ、小さくしたい!

それは

「身体への負担」

 

身体への負担が大きいと、スタミナロスにつながります。

長い時間、歩くことが難しくなります。

 

ウォーキングであれば、

関節痛がある方だと、痛みにつながりやすく

痛みがなくとも、「痛みの種」を作ることになります。

 

負担が掛かりやすいのは「関節」

 

関節への負担は怪我につながりやすくなります。

負担はいろいろな種類の負担がありますが、

一番負担となるのは着地などから生まれる「衝撃」

 

この衝撃をどう少なくするすか?は大切なポイントになるでしょう

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキング・ランニング愛好家が、トップアスリートの「真似できる…
  2. ウォーキングジムパーソナルで、70歳女性が「辛かったこと」
  3. ウォーク、小さな(狭い)歩幅で、時速7㎞以上を楽に出す練習
  4. 自分のウォーキングのスキルが高いのか?低いのか?簡単に知る2つの…
  5. 普通のウォーキングでも「肘で腕が振れるようになる!」はとても大事…
  6. ウォーキングエコノミー・ランニングエコノミーを高めるフォームで大…
  7. ウォーキング 足の付け根 痛くなるという方へ 2023年12月
  8. #Voicy 膝痛の方が意識したい、歩き方
<<
PAGE TOP