ブログ

1キロウォーキング、全力で「歩く」と所要時間は、どれぐらい?

1㎞を全力で「歩く」とどれぐらいで皆さんは歩けますか?

=多くの方が少し意識すれば到達できる=
1㎞ 10分 (時速6㎞)

=1㎞という距離であれば、何とか頑張れば歩ける=
1㎞ 8’34 (時速7㎞)

=1㎞、ここまで出すのは出せるけど、多くの方には難しい。。。=
※ウォーキングだけで出せるスピードの限界値付近
1㎞ 7’30 (時速8㎞)

=1㎞、出そうと思えば1㎞までなら出せるけど「走っている」ように見える???=
※競歩のテクニックを使わないと「歩いてる」ようには見えにくい
1㎞ 6’40(時速9㎞)

=競歩をするなら、まずは目指したいスピード=
1㎞ 6’00(時速10㎞)

=高校生ならまずはこれぐらいでは、5㎞は歩きたい=
1㎞ 5’27 (時速11㎞)

=まずは1㎞を5分で歩く!は競歩の大きな壁=
1㎞ 5’00 (時速12㎞)

=50㎞競歩のトップクラスの選手だと、これより少し速く歩きます=
1㎞ 4’36 (時速13㎞)

=男子大学生ならこのペースで10km歩きたい!ほぼ、フルマラソンのサブ3ペース=
1㎞ 4’17 (時速14㎞)

=20㎞競歩トップ選手には、もはやこのペースすらやや遅い=
1㎞ 4’00 (時速15㎞)

陸上競技では通常は「キロ何分ペース」ということで表現することが多いです。

今回はウォーキングの方にも分かりやすいように

時速で表記してみました。

 

ウォーキングなら、まずは時速8㎞

競歩なら、まずは時速10㎞

を目指すのが良いでしょう。

やや高めの目標ですが、簡単ではないですが、

「速い」っと感じられる1㎞のタイムだと思います

Follow me!

関連記事

  1. 東京五輪20㎞の最終選考会 2020全日本競歩能美大会レビュー
  2. 2017世界陸上 メダルへの道③ ロンドン到着
  3. 【健康のためのウォーキング】で「健康」を目的にしない方が良い理由…
  4. 「速さ」には、「楽」が必要
  5. 大阪 講習会で思い出す 給水を奪われ事件と初解説会場は同じ
  6. 高地トレーニングについて の雑記
  7. 競歩式ランでの身体の使い方 簡単にできること
  8. ウォーキングでも「上下動」を小さくする意識を持つ大切さ
PAGE TOP
PAGE TOP