ブログ

ウォーキングの健康効果を上げる、必ず意識したい2つのこと

健康のためにウォーキングをする

っという方は多いです。

特に「何か」を意識せずに、漠然とウォーキングをしている、っという方も多いです。

散歩のようにブラブラと歩くことだけでは、やはり健康効果は少なくなります。

 

ウォーキングを健康の維持向上の道具にしたいなら

ぜひ、必ず意識したい2つのことがあります。

 

1つ目は、「心拍数」

心拍数が低すぎては、消費カロリーも少ないですし

有酸素運動による毛細血管の向上もあまり見込めません。

少なくとも120拍前後/分では歩きたい

 

2つ目は、「継続すること」

頑張ってウォーキングをしても、疲れて次の日は休む

というパターンが一番もったいないです。

仮に10分しか歩けない、としても、継続することがとても大事です。

週末に60分まとめウォーキング!をするよりも、

日々の10分の方が、運動効果としては高いです。

 

これは、実はウォーキングをトレーニングしている方にも

同じようなことが言えます。

 

できれば、コツコツと小さな練習を日々積み上げる。

時間が無ければ、無いなりに「通勤時間」を使うなど

ちょっとお昼休みに「エクササイズ」でも良いと思います。

 

どんなレベルの方も「コツコツと積み重ねる」

これに勝る方法は無いのです。

Follow me!

関連記事

  1. 給水スポンジが何でそんなとこから出てくるのか?、というと。。。五…
  2. ウォーキングを向上させるトレーニング方法⑤ 下り坂をつかう
  3. 世界陸上ドーハ大会 男子50㎞競歩 初の大舞台、挑戦者として悔い…
  4. 五輪金メダリストが日本で4月に試合をします!
  5. WEB競歩講習会 2日目 参加者からのお声
  6. 歩くのが苦手な方へ、競歩の「歩く技術」は、歩くのが苦手な方にも使…
  7. 運動初心者が 痩せるなら ウォーキング? ランニング?
  8. 体力・筋力は加齢とともに落ちていく、止めることは出来ないけど、落…
PAGE TOP
PAGE TOP