ブログ

競歩のスピードを、どう例えて伝えるか?

いつも、TV解説をしていて

競歩のスピードを、どう陸上競技を知らない人に伝えるか?

これは、実況アナウンサーやディレクターも交えて

いつも喧々諤々

男子20㎞競歩の国際大会は、時速15㎞が平均的な優勝争いペース

キロ4分ペースですが、一般の人には分かり難い

「自転車より速い」

「皆さんが自転車で頑張ってこぐくらい」

「立ちこぎするくらい」

を、提案するも、放送スタッフにはピンとこない様子

 

「一般的な歩くスピードは時速5㎞前後なのでその3倍」

「フルマラソンで、2時間40分くらい」

でも、これだとお題の「陸上を知らない人」にイマイチ伝わらない

 

さて、今後の課題ではありますが

競歩のトップ選手は

サブ3をするランナーと同じスピード設定で練習してます

自転車に乗っていても追い抜かれのでご注意ください!

と、いったところでしょうか?

Follow me!

関連記事

  1. アメリカのマスターズ陸上競歩 動画
  2. 楽しんでいるからこそ見える景色を楽しもう 2021年最後のブログ…
  3. 歩くだけで 美脚 を作る! 「競歩」が美脚に良い理由
  4. 東京エクストリームウォーク42.195km ハーフを試し歩き!
  5. 日本中に競歩を知ってもらうたび③ 北海道に入りました!
  6. 東京グレートレース250㎞!!!完「歩」おめでとうございます!
  7. トレーニングの仕方は、「目的」によって「方法」は真逆にもなる、と…
  8. 100㎞ウォーク(ウォーキング) スピード期の練習で気を付けたい…
PAGE TOP
PAGE TOP