ブログ

競歩のスピードを、どう例えて伝えるか?

いつも、TV解説をしていて

競歩のスピードを、どう陸上競技を知らない人に伝えるか?

これは、実況アナウンサーやディレクターも交えて

いつも喧々諤々

男子20㎞競歩の国際大会は、時速15㎞が平均的な優勝争いペース

キロ4分ペースですが、一般の人には分かり難い

「自転車より速い」

「皆さんが自転車で頑張ってこぐくらい」

「立ちこぎするくらい」

を、提案するも、放送スタッフにはピンとこない様子

 

「一般的な歩くスピードは時速5㎞前後なのでその3倍」

「フルマラソンで、2時間40分くらい」

でも、これだとお題の「陸上を知らない人」にイマイチ伝わらない

 

さて、今後の課題ではありますが

競歩のトップ選手は

サブ3をするランナーと同じスピード設定で練習してます

自転車に乗っていても追い抜かれのでご注意ください!

と、いったところでしょうか?

Follow me!

関連記事

  1. 関東学生陸上競技対抗選手権、10000m競歩で久しぶりの優勝。失…
  2. 世界競歩チーム選手権 終わってから読むプレビューもまた理解が深ま…
  3. 【歩く技術】を使ったウォーキング①
  4. 男子20㎞競歩代表 池田向希選手 世界ランキング8位 日本人で初…
  5. その一歩を希望に変えて
  6. 74才(女性)でも前年よりトレランでタイムを縮められた秘密は安鎮…
  7. 台風10号、九州地方の皆様くれぐれもご注意ください!
  8. ランニングコーチはきっとあまり言わない。大会で最下位の方に「速過…
PAGE TOP
PAGE TOP