BLOG

ウォーキングブログ

競歩のスピードを、どう例えて伝えるか?

いつも、TV解説をしていて

競歩のスピードを、どう陸上競技を知らない人に伝えるか?

これは、実況アナウンサーやディレクターも交えて

いつも喧々諤々

男子20㎞競歩の国際大会は、時速15㎞が平均的な優勝争いペース

キロ4分ペースですが、一般の人には分かり難い

「自転車より速い」

「皆さんが自転車で頑張ってこぐくらい」

「立ちこぎするくらい」

を、提案するも、放送スタッフにはピンとこない様子

 

「一般的な歩くスピードは時速5㎞前後なのでその3倍」

「フルマラソンで、2時間40分くらい」

でも、これだとお題の「陸上を知らない人」にイマイチ伝わらない

 

さて、今後の課題ではありますが

競歩のトップ選手は

サブ3をするランナーと同じスピード設定で練習してます

自転車に乗っていても追い抜かれのでご注意ください!

と、いったところでしょうか?

Follow me!

関連記事

  1. 競歩の魅力って何ですか? これから私が良く聞かれる質問の1つ、そ…
  2. 東京エクストリームウォーク(朝日新聞社主催) 練習会の講師やりま…
  3. ポーランドの選手が実践した気温30度で30kmを歩き切る給水方法…
  4. スポーツと医療の最前線の融合
  5. 大阪での講習会、本当はこの日程で九州開催のつもりでした・・・
  6. ウォーキング 湿度対策で持っていきたいもの
  7. 本格ランから僅か5ヶ月でサブ4達成! 練習時間が取れず。。。苦労…
  8. 東京五輪競歩TV解説 裏話その3 未公開の選手のインタビュー、本…
<<
PAGE TOP