ブログ

【健康ウォーキング】ウォーキングをするときは、黙って歩くことに集中しておこなうべきか?

テーマは健康ウォーキングです。

目的は

速くなること、ではなく

健康になること

 

そうなると、黙々と歩くよりも

必ず誰かとおしゃべりしながら歩いた方が良いです。

会話をしながら歩くということは「有酸素運動」が出来ているということ

 

会話もできないぐらいのペースだと

有酸素運動ではなく無酸素運動になってしまっています。

 

無酸素運動が悪い訳ではなく、有酸素運動がもたらす健康効果は

無産運動よりも非常に高いですし

負荷も小さく、怪我のリスクも小さくなります

 

有酸素運動が目的ならば、黙々とウォーキングをするのではなく

誰かとおしゃべりを楽しみながら行うのが効果的です。

喋る、というアウトプットは、ストレス解消にもなり

心身ともに健康になれます

 

ただ、無酸素運動もバランスよく行うことで

有酸素運動の効果を高めることも出来ます。

 

筋トレをして、ウォーキングをすると

脂肪が燃やしやすくなる、というのが一例でしょう。

 

これが上手に活用できると

ウォーキングはもちろんランにも活かせてきます。

 

【健康ウォーキング】であれば、ぜひ楽しくウォーキングしましょう!

 

 

パーソナルでウォーキングを習ってみませんか?

自分の目的・体力に合ったウォーキングをして

効率よく目標にたどり着きましょう!

 

 

Follow me!

関連記事

  1. 60歳代でもフォームが変わる!歩幅が5㎝伸びた!そのキッカケとは…
  2. ウォーキング 膝下を振り出す着地、膝下を振り下ろす着地
  3. ウォーキングのペースを上げるのに「力」を使わない理由
  4. ウォーキング 競歩 でフォームをチェックするときはスローで見るべ…
  5. ウォーキング や 競歩で初心者でも良く分かる、身体の使い方の比較…
  6. ウォーキングや競歩で、多くの人がちゃんとやっていそうで、やってい…
  7. リラックスして脚を前に出す感覚を、ゴルフで例えると。。。
  8. 全日本マスターズ競歩で失格された方へ 競歩での失格は「汚点」では…
PAGE TOP
PAGE TOP