ブログ

寒い時期、身体を温めることは重要ですが、筋肉より先に温めたい場所とは?

この寒い時期に

ウォーキング初心者もスポーツウォーカー(ベテランウォーカー)も、

変形膝関節症の方も、身体に疾患のある方も、

ウォーキングの前、最中にしたいのは「身体を(患部)を温めること」

これはとても重要です。

 

特に関節は意識して「温める」べきでしょう。

筋肉は代謝をおこなうと熱生産をする、という性質があるので

温めやすいですが、関節は筋肉のように自ら温めることが出来ないので

柔軟に動かせるようになるためにも筋肉よりも意識して温める必要は

この寒き時期にはあるでしょう

 

ウォーキングに慣れていない人であれば、身体が寒さで動きにくく

ウォーキングが心拍数も上がりにくいのでスピードも上がらず、結果的に身体も温まらないので

長くウォーキングすることも出来ないですし、変形関節症などの疾患をお持ちの方は

患部が動かしにくく、ウォーキングのバランスを崩すことで、別な場所も傷めてしまう

ということもおこるでしょう

 

スポーツウォーカー(ベテランウォーカー)であれば

ペースが上がるまでに、やはり時間が掛かります。

そして、スピードを出して速く身体を温めようとしてしまうことで、

必要以上に力んでしまい、フォームのバランスが崩れる、ということが起きてしまいます

 

家を出る前に、暖かい格好をするのはもちろんですが、身体自体を事前に温めておく

患部にはサポーターを巻く、必要であればカイロを身につける、など

できる対処は様々あります。

ぜひ、寒い、ということにしっかりとどんな方も対処をして欲しいと思います

 

ーーーーーーーーーーーー

パーソナルでウォーキング・競歩・ランニング(競歩式)を習ってみませんか?

自分の目的・体力に合ったエクササイズ+ウォーキングをして

効率よく目標にたどり着きましょう!

 

医者から運動を勧められているが、疾患がある、膝が痛いという方も

諦めずに身体への負担を小さくする身体の使い方をトライしてみましょう

#寒い時期 #寒さ対策 #ウォーキング #膝痛 #楽に歩く #早く歩く #競歩 #ウォークからランにつなげる

#マラソン完走 #誰でも出来るマラソン完走 #マラソン #健康増進 #体力アップ #後期高齢者

#パーキンソン病 #ストライドを広げる #回転数を作る #運動

Follow me!

関連記事

  1. 身体能力が上達を妨げる?!
  2. ランニングとウォーキングの違いからのシューズ 選び
  3. リラックスして歩く
  4. 65歳から「競歩」を始め方 お勧めの理由
  5. ワールドゲームズに挑戦しよう 膝を伸ばして歩こう
  6. 気温が低い、、、ときのウォーキング・競歩で気を付けたいこと
  7. 100kmをウォーキング(歩く)タイムは?
  8. 東京エクストリームウォーク100㎞ 完歩おめでとうございます!
PAGE TOP
PAGE TOP