ブログ

身体に負担を掛けないように歩く ウォーキングで疲れない歩き方

ウォーキングをしていて

過度に疲れてしまう方がいます。

「ウォーキングって疲れる。。。」

 

そんな方にはちょっと気を付けて欲しいことがあります。

上手に歩けていなくて「過度に疲れてしまう方」には

ある特徴があります。

 

それは、「太ももの前が疲れる」ということ。

 

そうなる、理由は大きく2つ

・足を持ち上げてしまう

・大きく踏み出してしまう

歩くのに足を持ち上げてしまうと、無駄な動作になり

非常に疲れます。

一般的なウォーキングの本に書いてあるように

大きく踏み出してしまうと、踏み出した脚が

「つっかえ棒」のようになり重心移動のブレーキになり

太もも前面に疲労が溜まりやすくなります。

 

ウォーキングをしていて、なんだか疲れる。。。

という方は、太もも前面が疲れていないか?

確認してみましょう

Follow me!

関連記事

  1. 100㎞を10時間を切って「歩く」という事を解説
  2. 「膝が痛くならなくなって、1時間歩いても平気だった!」っとお礼を…
  3. ウォーキングを向上させるトレーニング方法⑥ 腕を回してウォーキン…
  4. 動画付き競歩講習会in代々木公園 2020年6月
  5. YouTube動画UPしました! 実践!!時速7㎞ウォーキング法…
  6. LT値(乳酸性作業閾値)を知ることは自分を知ること
  7. ランで膝が痛くなる、という方へ ちゃんとウォーキングが出来てます…
  8. 足を前に出す意識をもってウォーキングをすると疲れる理由
PAGE TOP
PAGE TOP