BLOG

ウォーキングブログ

身体に負担を掛けないように歩く ウォーキングで疲れない歩き方

ウォーキングをしていて

過度に疲れてしまう方がいます。

「ウォーキングって疲れる。。。」

 

そんな方にはちょっと気を付けて欲しいことがあります。

上手に歩けていなくて「過度に疲れてしまう方」には

ある特徴があります。

 

それは、「太ももの前が疲れる」ということ。

 

そうなる、理由は大きく2つ

・足を持ち上げてしまう

・大きく踏み出してしまう

歩くのに足を持ち上げてしまうと、無駄な動作になり

非常に疲れます。

一般的なウォーキングの本に書いてあるように

大きく踏み出してしまうと、踏み出した脚が

「つっかえ棒」のようになり重心移動のブレーキになり

太もも前面に疲労が溜まりやすくなります。

 

ウォーキングをしていて、なんだか疲れる。。。

という方は、太もも前面が疲れていないか?

確認してみましょう

Follow me!

関連記事

  1. 片麻痺(脳梗塞)の方に、ウォーキング(Aruku)技術を高めるた…
  2. 【ウォーキング・競歩】寒い日に履く、アンダータイツにしたい一工夫…
  3. 速くウォーキング(歩く)が出来ると、地面の方から動いてくれます
  4. 「読んだだけだと分からない」ウォーキングの本を山ほど読んだ時速8…
  5. ウォーキングを始めたばかりの皆さんが真似したいフォーム 70代女…
  6. 競歩でベントニー(膝曲がり)の反則をしないために、気を付けたいこ…
  7. 早く歩きたい!という方は、まずは、この動画から見てみましょう
  8. 前の歩幅(ストライド)・後ろへの歩幅(ストライド)
<<
PAGE TOP