ブログ

身体に負担を掛けないように歩く ウォーキングで疲れない歩き方

ウォーキングをしていて

過度に疲れてしまう方がいます。

「ウォーキングって疲れる。。。」

 

そんな方にはちょっと気を付けて欲しいことがあります。

上手に歩けていなくて「過度に疲れてしまう方」には

ある特徴があります。

 

それは、「太ももの前が疲れる」ということ。

 

そうなる、理由は大きく2つ

・足を持ち上げてしまう

・大きく踏み出してしまう

歩くのに足を持ち上げてしまうと、無駄な動作になり

非常に疲れます。

一般的なウォーキングの本に書いてあるように

大きく踏み出してしまうと、踏み出した脚が

「つっかえ棒」のようになり重心移動のブレーキになり

太もも前面に疲労が溜まりやすくなります。

 

ウォーキングをしていて、なんだか疲れる。。。

という方は、太もも前面が疲れていないか?

確認してみましょう

Follow me!

関連記事

  1. 時速6kmのスピードで「ウォーキング」できない方の特徴
  2. 競歩(ウォーキング)で、フォームの答え合わせしてますか?
  3. 競歩初心者講習会 動画フィードバック付き 2021年7月
  4. ウォークで速く歩くために!前回のエラーの修正にトライ 19㎞を時…
  5. ウォーキング初心者でも時速7㎞以上に挑戦できる簡単な練習方法
  6. 速く歩くために、お腹を凹ませて、お尻から足を振る
  7. 女子高生の競歩選手にとって、時速10㎞は遅い方。成人男性が時速8…
  8. ベストのパフォーマンス出すために!持たなければいけないもの、世界…
PAGE TOP
PAGE TOP