ブログ

速く、楽にのために、大きな歩幅を作る「後方への蹴りだし」をストレッチウォークで掴もう

 

ウォーキングで、大きな歩幅で歩くことをお勧めしてますが

それはあくまでも「後方への蹴りだし(踏み出し)」です。

前に大きく出すことではありません。

どうしても大きな歩幅を作ろうとすると、前に足を出してしまう方がほとんどです。

上記の通りの「後方への蹴りだし」をトレーニングするのは

ストレッチウォークがお勧めです。

 

ストレッチウォークだとかかとで地面を押す感覚が得られます

これが「後方へ蹴りだす」で、重要な感覚で前に足を踏み出しては得られない感覚です。

 

後ろへ蹴りだす感覚が分からない、という方は

ストレッチウォークを練習してみて下さい

 

 

競歩の講習会も開催しています

 

少しでも、この世界状況の中、何かできればと、当分以下のリンクを載せていきたいと思います

「WorldVision」1950年に設立された世界最大級のNGO団体です。

https://www.worldvision.jp/donate/ukraine.html?banner_id=15006sp?banner_id=15006pc

ーーーーーーーーーー

パーソナルで【ウォーキング】【競歩】【ランニング(競歩式)】を習ってみませんか?

自分の目的・体力に合ったエクササイズ+ウォーキングをして

効率よく目標にたどり着きましょう!

 

医者から運動を勧められているが、疾患がある、膝が痛いという方も

諦めずに身体への負担を小さくする身体の使い方をトライしてみましょう

 

ぜひ、パーソナルを検討される方は以下のブログも参考にしてみて下さい

https://www.bell-dental.com/news/suzuki/2022/03/11/kyouho/

#熱中症対策 #水分補給 #時速7㎞ウォーキング #速歩 #東京エクストリームウォーク #パーソナルトレーナー #ウォーキングトレーナー #皇居ラン #皇居ウォーキング #ウォーキングでダイエット #免疫力 #寒さ対策 #ウォーキング #膝痛 #楽に歩く #早く歩く #競歩 #ウォークからランにつなげる #マラソン完走 #誰でも出来るマラソン完走 #マラソン #健康増進 #体力アップ #後期高齢者 #パーキンソン病 #ストライドを広げる #回転数を作る #運動 #ウォーキングフォーム #フォームチェック #サプリメント #ジョグ歩 #jog歩 #室内でも出来るウォーキングトレーニング

Follow me!

関連記事

  1. 女子高生の競歩選手にとって、時速10㎞は遅い方。成人男性が時速8…
  2. 低酸素ルームでのトレーニングは効果があるか?高地トレーニングを繰…
  3. ハンディを武器に変えることが出来るのが競歩の魅力
  4. NHK-BS1【ウォーカーズTV 京都】5月15日16:00- …
  5. ウォーキング や 競歩でつま先を意識した身体に無駄な力を入れない…
  6. 古希(70歳)を迎えて競歩に出会った女性のストーリー
  7. 段階的にトレーニングをして競歩のフォームを身に着けよう
  8. 【ウォーキング初級レベル】の皆さん、ご自身の歩くフォームを動画で…
PAGE TOP
PAGE TOP