ブログ

競歩の初心者が意識したい、「金槌」的な身体の使い方

速く身体を動かすために、必ず止まっているところが

必要になります。

 

身体の全部が動いてしまってはバタバタしているだけで

まるで手足はまるで速く動かせません

 

目では身体全部が動いているようなのだけれど

速く身体を動かせている人には必ず身体の中で

止まっている部分が存在してます

 

良く例えるのですが、

金槌を速く振ろうとするとき

金槌の柄を持って振ろうとすると、柄の先にある

金の部分の重さに振られて手首が動いて速く振れません

 

しかし、

金槌の「金」の部分を持って振れば、重さに手首が持って

いかれないので、動かず、柄を持って振るより

速く金槌が振れます

 

歩くときも必ず止まっている部分を意識してあげるのは

大事なことです

 

その「止まっている部分」が体幹です。

体幹を止めることで、身体を速く動かすことが出来る

シンプルだけど、意識したい身体の使い方です。

Follow me!

関連記事

  1. オンライン講座 WEB競歩講習会!全3回を8月も開催します
  2. 【ウォーキング・競歩】年齢・体力・経験がないから「出来ない、無理…
  3. ウォーキングのテクニックがあれば、体調に関係なくパフォーマンスが…
  4. ウォーキングで、「お尻」使えていますか?
  5. この寒い時期、ウォーキングのときに、必ず期待ウェア
  6. 寒い時期のウォーキング、まずは腕を大きく回すことから始めよう
  7. 「#速く歩く 」と「#健康」は密接に関係している #ウォーキング…
  8. 本格ランから僅か5ヶ月でサブ4達成! 練習時間が取れず。。。苦労…
PAGE TOP
PAGE TOP