ブログ

競歩の初心者が意識したい、「金槌」的な身体の使い方

速く身体を動かすために、必ず止まっているところが

必要になります。

 

身体の全部が動いてしまってはバタバタしているだけで

まるで手足はまるで速く動かせません

 

目では身体全部が動いているようなのだけれど

速く身体を動かせている人には必ず身体の中で

止まっている部分が存在してます

 

良く例えるのですが、

金槌を速く振ろうとするとき

金槌の柄を持って振ろうとすると、柄の先にある

金の部分の重さに振られて手首が動いて速く振れません

 

しかし、

金槌の「金」の部分を持って振れば、重さに手首が持って

いかれないので、動かず、柄を持って振るより

速く金槌が振れます

 

歩くときも必ず止まっている部分を意識してあげるのは

大事なことです

 

その「止まっている部分」が体幹です。

体幹を止めることで、身体を速く動かすことが出来る

シンプルだけど、意識したい身体の使い方です。

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキング・競歩で、リズムよく歩くために気を付けたいこと
  2. 競歩の技術を活用した!ウォーキング講習会 2021年8月
  3. 100kmをウォーキングで完歩するための呪文
  4. 長時間ウォーク、体重が減る バテ防止の目安と対処
  5. 早く歩きたい!という方は、まずは、この動画から見てみましょう
  6. 東京エクストリームウォーク100㎞ 足を前に踏み出さない!練習を…
  7. 速く歩いて、走っている人を抜こうとしたときに気を付けていたこと
  8. 自分のフォームを見ることと、それを正確に診断すること
PAGE TOP
PAGE TOP