ブログ

競歩の初心者が意識したい、「金槌」的な身体の使い方

速く身体を動かすために、必ず止まっているところが

必要になります。

 

身体の全部が動いてしまってはバタバタしているだけで

まるで手足はまるで速く動かせません

 

目では身体全部が動いているようなのだけれど

速く身体を動かせている人には必ず身体の中で

止まっている部分が存在してます

 

良く例えるのですが、

金槌を速く振ろうとするとき

金槌の柄を持って振ろうとすると、柄の先にある

金の部分の重さに振られて手首が動いて速く振れません

 

しかし、

金槌の「金」の部分を持って振れば、重さに手首が持って

いかれないので、動かず、柄を持って振るより

速く金槌が振れます

 

歩くときも必ず止まっている部分を意識してあげるのは

大事なことです

 

その「止まっている部分」が体幹です。

体幹を止めることで、身体を速く動かすことが出来る

シンプルだけど、意識したい身体の使い方です。

Follow me!

関連記事

  1. 楽に速く歩くには?着地する→載せる→押し出す(踏み出す?蹴る?)…
  2. 競歩でフォームの感覚が狂ったとき(不調になった)、心がけたいこと…
  3. ウォーキング初心者が痛めやすい、腰・膝・足裏
  4. 40・50代からマラソンではなく、ウォーキング・競歩を始める方の…
  5. ウォーキングで、速く歩くために、速く歩こうとしない
  6. トップアスリートが真剣な大会なのに超ゆっくり歩いてくれている貴重…
  7. ウォーキングを上達するためトレーニングメニューを考える。トレーニ…
  8. 片麻痺(脳梗塞)の方に、ウォーキング(Aruku)技術を高めるた…
PAGE TOP
PAGE TOP