BLOG

ウォーキングブログ

【速く(早く)歩く】上手く歩けているときは、足は「勝手に前に」出る

早く歩こう!っと思うと

一緒懸命に、足を前に出そうとする方が多いですが

上手く歩けているときは、

足は「勝手に前に」出ます。

 

つまり、足を前に出そうと思って出しているうちは

上手に歩けていない、という事です。

 

後ろに蹴りだす力を利用して、足を前に踏み出すので

足を前に出そうとすると、必要以上に歩幅が広がり

次の「勝手に足が前に」出るという動作を作れなくします。

 

よく、皆さんに

「つま先の前に着地するように歩いてみて下さい」

っと言って、動画を撮ると

大きく足を踏み出す姿を見て

「こんなに前に出ているなんて!」

っと多くの方がコメントします。

 

後ろへ蹴りだす、がうまく出来れば

足は前に出そう、とする必要はありません。

Follow me!

関連記事

  1. 凍結した路面は避けて、ウォーキングしましょう
  2. 【ウォーキング・競歩】で、着地する際の足首の角度、踏り出す脚の角…
  3. 地面を蹴らないことが 速く走れる・速く歩ける そして、ふくらはぎ…
  4. ウォーキングで「姿勢」を意識するだけで、フォームの質が変わります…
  5. リライト版 速くなるために必要なシンプルな思考
  6. 暑い日のトレーニング後にしたいリカバリー方法
  7. ウォークでランのフォームを整える ランより左右を整えやすい理由
  8. 競歩の選手は本当にお尻を振って歩いているのか?
<<
PAGE TOP