ブログ

【速く(早く)歩く】上手く歩けているときは、足は「勝手に前に」出る

早く歩こう!っと思うと

一緒懸命に、足を前に出そうとする方が多いですが

上手く歩けているときは、

足は「勝手に前に」出ます。

 

つまり、足を前に出そうと思って出しているうちは

上手に歩けていない、という事です。

 

後ろに蹴りだす力を利用して、足を前に踏み出すので

足を前に出そうとすると、必要以上に歩幅が広がり

次の「勝手に足が前に」出るという動作を作れなくします。

 

よく、皆さんに

「つま先の前に着地するように歩いてみて下さい」

っと言って、動画を撮ると

大きく足を踏み出す姿を見て

「こんなに前に出ているなんて!」

っと多くの方がコメントします。

 

後ろへ蹴りだす、がうまく出来れば

足は前に出そう、とする必要はありません。

Follow me!

関連記事

  1. 東京エクストリームウォーク対策 手はむくみ、足はうまく曲げれなく…
  2. ウォーキングで、「腕を振る」ときに大事にしたい感覚
  3. 骨盤を柔軟に動かすために意識すべきこと
  4. パーキンソン病の方が「小銭を出す時に手が震えて困る・・・」という…
  5. 競歩・ウォーキングのための、家でもできる腕振りトレーニング
  6. 【ウォーキング スピードUP術】早く歩くためにやりたい坂ダッシュ…
  7. 77歳女性の競歩動画、競歩はトレーニングすればいくつになっても綺…
  8. 普通のウォーキングでも「肘で腕が振れるようになる!」はとても大事…
PAGE TOP
PAGE TOP