ブログ

【速く(早く)歩く】上手く歩けているときは、足は「勝手に前に」出る

早く歩こう!っと思うと

一緒懸命に、足を前に出そうとする方が多いですが

上手く歩けているときは、

足は「勝手に前に」出ます。

 

つまり、足を前に出そうと思って出しているうちは

上手に歩けていない、という事です。

 

後ろに蹴りだす力を利用して、足を前に踏み出すので

足を前に出そうとすると、必要以上に歩幅が広がり

次の「勝手に足が前に」出るという動作を作れなくします。

 

よく、皆さんに

「つま先の前に着地するように歩いてみて下さい」

っと言って、動画を撮ると

大きく足を踏み出す姿を見て

「こんなに前に出ているなんて!」

っと多くの方がコメントします。

 

後ろへ蹴りだす、がうまく出来れば

足は前に出そう、とする必要はありません。

Follow me!

関連記事

  1. 時速8.4㎞(7’08/㎞)を短期間で歩けるようになった60代男…
  2. ウォーキング・ランニング 寒い時期の「鼻水」対策
  3. ウォーキングフォームでチェックしたい 《腕振りと歩幅の関係》
  4. 時速7㎞以上 時速8㎞で10㎞を歩く 【70代男性フォームを動画…
  5. 【健康ウォーキング】目的が変われば「歩くペース」は変わる
  6. ウォーキング 時速8㎞ 65才女性 変形性膝関節症を克服し風を切…
  7. 歩くのが苦手な方へ、腰が痛くなる歩き方してませんか? 競歩の「歩…
  8. ウォーキング 歩いているときに、少しお腹を凹ますことを意識する
PAGE TOP
PAGE TOP