ブログ

ウォーキングでも「上下動」を小さくする意識を持つ大切さ

ランだと重心の上下動が大きくなります

8㎝前後の上下動だと、一歩一歩が8㎝の高さから

片脚着地で飛び降りていくのと同じことです。

 

競歩の選手は「上下動」はロスオブコンタクトの違反になるので

意識して「上下動」を作らない選手は多いです。

 

ですが、ウォーキングの方は

それほど「上下動」を気を付けるという感覚は無いでしょう。

 

ですが、ウォーキングの方も「上下動」を意識した方が

間違いなく良いです。

 

まず、重心が「上下動」するのは

無駄な力が上下に逃げていることなので

スピードを出すための妨げになります。

 

そして、上下動が大きいほど

「歩いている」ように見えにくいです

いわゆる、ジョグ歩っぽくなります。

 

ランよりか上下動は小さくても

やはり膝への負担は高くなります。

 

上下動は出来れば2㎝台が望ましいですが

なかなか難しいと思うので、まずは「3㎝台」を目指すの

良いと思います。

Follow me!

関連記事

  1. 今のウォーキングフォームが本当に身体を上手に使えているのかどうか…
  2. ランが速い=ウォークも速い、とは限りません
  3. 【ウォーキング】で健康になる、そのために”速く歩けなくても、速く…
  4. ウォーキング 競歩でシューズに求めるべきもの
  5. 1月17日のLive配信反省会(忘備録的に)
  6. ウォーキングを上手になろうと思う方が、まず最初にすべきこと
  7. 「独りでウォーキングする」ときに【健康効果】を上げるため意識した…
  8. 速く歩いて、走っている人を抜こうとしたときに気を付けていたこと
PAGE TOP
PAGE TOP