ブログ

ウォーキングでも「上下動」を小さくする意識を持つ大切さ

ランだと重心の上下動が大きくなります

8㎝前後の上下動だと、一歩一歩が8㎝の高さから

片脚着地で飛び降りていくのと同じことです。

 

競歩の選手は「上下動」はロスオブコンタクトの違反になるので

意識して「上下動」を作らない選手は多いです。

 

ですが、ウォーキングの方は

それほど「上下動」を気を付けるという感覚は無いでしょう。

 

ですが、ウォーキングの方も「上下動」を意識した方が

間違いなく良いです。

 

まず、重心が「上下動」するのは

無駄な力が上下に逃げていることなので

スピードを出すための妨げになります。

 

そして、上下動が大きいほど

「歩いている」ように見えにくいです

いわゆる、ジョグ歩っぽくなります。

 

ランよりか上下動は小さくても

やはり膝への負担は高くなります。

 

上下動は出来れば2㎝台が望ましいですが

なかなか難しいと思うので、まずは「3㎝台」を目指すの

良いと思います。

Follow me!

関連記事

  1. 【ウォーキング スピードUP術】早く歩くためにやりたい坂ダッシュ…
  2. 100㎞を10時間を切って「歩く」という事を解説
  3. ウォーキングの時にモモ裏で感じて欲しい感覚
  4. 60歳代でもフォームが変わる!歩幅が5㎝伸びた!そのキッカケとは…
  5. ウォーキングで、「お尻」使えていますか?
  6. 走ると、どうしても膝が痛くなる方へ 2017年に書いたブログ
  7. ウォーキング 競歩で、着地の衝撃を受け止める場所
  8. 競歩でスピードを殺さずに前に進むために
PAGE TOP
PAGE TOP